ダニエル太郎
画像提供:Getty

男子テニスで世界ランク95位のダニエル太郎は8日、自身のSNSで10月3日に開幕する楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)について「久しぶりに日本での試合です!」とコメントを投稿した。

>>アルカラスvsシナー 1ポイント速報<<

>>アルカラスら全米OP男子 組合せ・結果<<

同大会は7日にエントリーリストを発表。東京オリンピック(日本/東京、ハード)金メダリストのA・ズベレフ(ドイツ)、世界ランク7位のC・ルード(ノルウェー)、同25位のN・キリオス(オーストラリア)らが名を連ね、日本勢ではストレートインの西岡良仁とワイルドカード(主催者推薦)で錦織圭、ダニエル、内田海智がリスト入りをした。

ダニエルは8日に自身のツイッターを更新し、「@rakutenopenで久しぶりに日本での試合です!本戦にWCもらう事ができました!大会関係者の皆さんありがとうございます。観客の皆さんに会えるの楽しみにしてます!」とつづった。

ダニエルは同大会に計5度出場。2018年まで4度初戦敗退を喫していたが、2019年には1回戦で当時世界ランク14位のB・チョリッチ(クロアチア)を6-4, 4-6, 7-6(7-5)の熱戦の末に撃破。2回戦では同56位のJ・トンプソン(オーストラリア)にストレート勝ちをおさめ、準々決勝で同80位のJ・ミルマン(オーストラリア)に敗れるも8強入りを果たした。

エントリーリストに名を連ねた26選手は以下の通り。(9月5日現在)

ズベレフ
ルード
C・ノリー(イギリス)
T・フリッツ(アメリカ)
A・デ ミノー(オーストラリア)
D・シャポバロフ(カナダ)
D・エヴァンス(イギリス)
キリオス
F・ティアフォー(アメリカ)
B・チョリッチ
M・キツマノビッチ(セルビア)
J・ブルックスビー(アメリカ)
P・マルティネス(スペイン)
西岡良仁
M・ギロン(アメリカ)
J・ムナル(スペイン)
J・ソウサ(ポルトガル)
B・ナカシマ(アメリカ)
T・コキナキス(オーストラリア)
M・マクドナルド(アメリカ)
B・ミラリェス(スペイン)
クォン・スンウ(韓国)
J・ダックワース(オーストラリア)
(WC)ダニエル太郎
(WC)内田海智
(WC)錦織圭


>>ダニエル太郎 Twitter<<

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第10日 男女シングルス準々決勝 19歳アルカラスvs21歳シナーは必見!

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>