国枝慎吾
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は9日、男子車いすテニスのシングルス準決勝が行われ、第1シードの国枝慎吾が三木 拓也を6-1,6-2のストレートで破り、決勝進出を果たした。

>>ルードvsハチャノフ 1ポイント速報<<

>>アルカラスvsティアフォー 1ポイント速報<<

国枝は今季、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を制し、7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では悲願の大会初優勝を飾るとともに、四大大会とパラリンピックを制覇する生涯ゴールデンスラムを達成した。

今大会では1年間のシーズンだけで全ての四大大会を制する「年間グランドスラム」と四大大会29度目のシングルス制覇を目指す。

この試合、国枝はファーストサービスが入ったときに84パーセントの高い確率でポイントを獲得。2度のブレークを許すもリターンゲームでは6度のブレークに成功し、1時間19分で勝利した。

勝利した国枝は決勝で第2シードのA・ヒューエット(イギリス)と対戦する。ヒューエットは準決勝でN・パイファー(フランス)を6-3, 6-1のストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第12日 男子準決勝 ハチャノフ−ルード、アルカラス−ティアフォー

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>