(左から)ソールズベリーとラム
画像提供:Getty

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は9日、男子ダブルス決勝が行われ、第1シードのR・ラム(アメリカ)/ J・ソールズベリー(イギリス)組が第2シードのW・クールホフ(オランダ)/ K・スクプスキ(英国)組を7-6 (7-4), 7-5のストレートで破り、2年連続2度目の優勝を果たすと共に四大大会3勝目を挙げた。

>>ルードvsハチャノフ 1ポイント速報<<

>>アルカラスvsティアフォー 1ポイント速報<<

トップシード対決となった今回の決勝はダブルス世界ランク上位4選手がコートに集結した。

この試合の第1セット、互いにブレークを許さずにタイブレークに突入。ラム/ソールズベリー組は終盤で6ポイントを連取し先行する。続く第2セットでは第3ゲームで先にブレークを許すも直後の第4ゲームでブレークバックに成功。第12ゲームで2度目のブレークを奪い、1時間56分で勝利した。

試合後の会見でソールズベリーは「かなりクレイジーだよ。またここに立っているなんて、とても信じられない。この素晴らしいスタジアムで、皆さんの前でプレーできることは、とてもとても特別なこと。2年連続の優勝で歴史に名を刻めるのは素晴らしいよ」と語った。

また、ラムは「第2セットも昨日と同じように反撃し、何とかやり遂げることができた。どんどんレベルも上がっていき勝てたので本当にうれしかった」と述べている。

ラム/ソールズベリー組は今季、4月のロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)と先月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)でタイトルを獲得。全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)とウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では4強入りを果たしていた。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)〜9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第12日 男子準決勝 ハチャノフ−ルード、アルカラス−ティアフォー

9/19(月)〜「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>