ベレッティーニが逆転勝ち
画像提供:Getty

13日に開幕した男子テニスの国別対抗戦デビスカップ BY RAKUTENファイナルズのグループステージは14日、グループAのラウンドロビン第2戦、イタリア対クロアチアがウニポル・アレーナ(イタリア/ボローニャ、屋内ハード)で行われ、世界ランク15位のM・ベレッティーニ(イタリア)を擁するイタリアが3連勝で白星スタートを切った。

このグループステージは16カ国が4チームずつ4グループに分かれて各3試合(シングルス2試合、ダブルス1試合)の総当たり戦を行い、各グループの上位2カ国、計8チームが11月22日からスペイン/マラガで行われるノックアウトステージ(決勝トーナメント)に進出する。

イタリアはシングルス1で登場した世界ランク30位のL・ムセッティ(イタリア)が同164位のB・ゴジョを6-4, 6-2のストレートで破って先行する。

エース対決の第2試合は、ベレッティーニと今季怪我から復活を遂げた世界ランク26位のB・チョリッチ(クロアチア)が対戦。ベレッティーニは第1セットをタイブレークの末にチョリッチに先取されるも6-7(4-7), 6-2, 6-1で逆転し、イタリアの勝利を決める。

続く第3戦のダブルスでは、S・ボレッリ(イタリア)/ F・フォニーニ(イタリア)組がダブルスの名手N・メクティッチ(クロアチア)/ M・パビッチ(クロアチア)組に3-6, 7-5, 7-6(7-3) の逆転勝ちをおさめて、イタリアが初戦で3連勝を飾った。

勝利後、ムセッティは「地元イタリアで満員の観客の前でプレーをしたのは初めてだよ。言葉では言い表せない気持ちだ。夢見ていたことだし、勝てて気持ちがいい。家族がスタンドにいたらからより特別だよ」と語った。

同日に行われた各グループの第2戦は、グループBはスペインがセルビアに3勝0敗、グループCはドイツがフランスに2勝1敗、グループDはアメリカがイギリスに2勝1敗で、それぞれ勝利している。

各グループの出場国、勝敗結果は以下の通り。

【グループA】開催地:イタリア/ボローニャ
イタリア1勝0敗
スウェーデン1勝0敗
アルゼンチン0勝1敗
クロアチア0勝1敗

【グループB】開催地:スペイン/バレンシア
カナダ1勝0敗
スペイン1勝0敗
韓国0勝1敗
セルビア0勝1敗

【グループC】開催地:ドイツ/ハンブルグ
オーストラリア1勝0敗
ドイツ1勝0敗
フランス0勝1敗
ベルギー0勝1敗

【グループD】開催地:スコットランド/グラスゴー
アメリカ1勝0敗
オランダ1勝0敗
カザフスタン0勝1敗
イギリス0勝1敗

グループステージは13日から18日まで行われる。

[PR]東レ パン パシフィック オープンテニス
9/19(月・祝)〜9/25(日)
3年ぶり開催 大坂 なおみ連覇なるか?
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

錦織 圭出場予定!
10/3(月)〜「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

9/23(金・祝)〜25(日)BIG4が集結「レーバーカップ」
WOWOWオンデマンドでライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>