引退を発表したフェデラー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATP公式サイトは15日、会長のアンドレア・ガウデンツィ氏のコメントを掲載。同日に現役引退を発表したR・フェデラー(スイス)に対しテニス界として感謝を述べた。

ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で8度の優勝を含むグランドスラム通算20勝、ツアー通算103勝を誇るフェデラーは現在41歳。ここ数年は膝の故障と手術に多くの時間を費やし、昨年のウィンブルドン以降ツアーを離れていた。

ガウデンツィ氏はフェデラーの引退に際し「ロジャーがテニスに与えた影響と、彼が築いた遺産は、誇張して表現することも不可能なもの。プロとして24年以上、ロジャーは何百万人もの熱狂的なファンをテニスに引き込んだ。彼は信じられないような新時代の先頭に立ち、このスポーツの人気を高めた。このような形で自分のフィールドを超越したアスリートはほとんどいない。ロジャーは、僕らみんなに同じスポーツの一部であることを誇りに思い、幸運だと思わせてくれた」とコメント。

「彼はコート上での偉大さを再定義し、チャンピオン精神、スポーツマンシップ、そしてゲームのプレイ方法は、何十年にもわたって世界中の観客を興奮させ、多くの人々がラケットを手にするきっかけを作った。コートの外では、彼は真のロールモデルであり、アンバサダーであり続け、常にファンに多くのものを提供している。ロジャーのキャリアを通じてのATPツアーへの揺るぎないコミットメント、そして長年にわたる選手会への貢献は、他の選手やスポーツ全体の進歩に貢献した。彼の人道的な影響は、ロジャー・フェデラー基金を通じて、同様に大きなものとなっている」

「ロジャーの今後の活躍を見据えると、彼は間違いなく目覚ましい成果を上げ続けるだろう。まずは、ロンドンで開催されるレーバー・カップで、記憶に残るような最後のイベントを行い、ファンの皆さんが彼にふさわしい見送りをすることができるように願っている。ロジャー、あなたはツアーでとても惜しまれることだろう。ATPとテニスというスポーツを代表して、今までの感謝を表し『ありがとうございました』と伝えたい」

フェデラーが最後の舞台に選んだレーバーカップ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は今月23日から25日にかけて行われ、R・ナダル(スペイン)、N・ジョコビッチ(セルビア)、A・マレー(イギリス)のビッグ4が揃って出場することが発表されている。

今回のフェデラーの発表後、ナダルのほか男子世界ランク1位のC・アルカラス(スペイン)、J・シナー(イタリア)、J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、M・ラオニッチ(カナダ)、D・シャポバロフ(カナダ)、そして女子世界ランク1位のI・シフィオンテク(ポーランド)やP・クヴィトバ(チェコ)、G・ムグルサ(スペイン)、J・ペグラ(アメリカ)ら女子選手の多くもSNSで反応。テニス界に大きな衝撃が走っている。

[PR]引退表明フェデラー 最後の雄姿
9/23(金・祝)〜25(日)BIG4が集結「レーバーカップ」
WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!

大坂 なおみ連覇なるか?
9/19(月・祝)〜9/25(日)東レ パン パシフィック オープンテニス
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

錦織 圭出場予定!
10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>