予選決勝で敗れた奈良くるみ
画像提供:tennis365.net

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、WTA500)は18日、シングルス予選決勝が行われ、予選第7シードの奈良くるみは同第5シードのI・シニコバ(ブルガリア)に6-0,5-7,0-6の逆転で敗れ、本戦出場とはならなかった。

>>大坂、土居ら東レPPOの組合せ<<

>>大坂 なおみ 東レ1回戦1ポイント速報<<

予選1回戦でN・メリチャー(アメリカ)をストレートで下し本戦出場に王手をかけていた奈良。この日は雨天による悪天候のため屋根が閉じられたセンターコートでの一戦となった。

今大会をもって現役引退を表明している奈良はこの試合、序盤からドロップショットやフォアハンドウィナーを放ち主導権を握ると、3度のブレークを奪い5ゲームを連取。第5ゲーム終了時にシニコバが痛めた右足を治療したが、その後も攻め手を緩めることなくサービスゲームをキープし第1セットを先取した。

第2セットでは先にブレークを許したものの、第3ゲームでブレークバック。しかし第4ゲームで再びブレークされリードされる。第5ゲームでブレークしイーブンに追いつくとその後1度ずつブレークを奪い合い終盤へ。第12ゲームでは1度セットポイントを握られこれをセーブするも、最後は奈良のフォアハンドがネットにかかりセットポイント1−1に追いつかれた。

ファイナルセット、第2ゲームで先にブレークを許した奈良は4ゲームを連取されるなど最後まで挽回することができず。1時間46分で力尽きた。

今大会をもって引退を表明している奈良。ダブルスにはワイルドカード(主催者推薦)として土居美咲と出場予定だが、この試合はキャリア最後のシングルスとなった。試合後にはオンコートインタビューが行われ訪れたファンに感謝を述べた。

「皆さま、応援に来てくれてありがとうございました。今日のことは一生忘れないと思いますし、本当に幸せな時間でした。ありがとうございました。みっちゃん(土居)と最後プレーできるのも幸せですし、一緒に頑張ってきたので、最後までベストを尽くしてダブルスまで気持ちを崩さず頑張りたいと思います」

同日には予選9シードの岡村恭香、同第12シードの坂詰姫野、村松千裕、西郷里奈も予選決勝に出場。岡村は同F・コントレラス・ゴメス(メキシコ)にフルセットで、坂詰は第4シードのD・パパミチャイ(ギリシャ)にストレートで敗れて敗退している。

また、19日から開幕する本戦には世界ランク48位の大坂なおみ、同94位の土居美咲、ワイルドカード(主催者推薦)で同189位の本玉真唯と同207位の内藤祐希の出場が決まっている。

予選決勝の組み合わせは以下の通り。

【センターコート】

第1試合
(4)D・パパミチャイ 2-6,4-6 (12)坂詰姫野
第2試合
(5)I・シニコバ 0-6,7-5,6-0 (7)奈良くるみ
第3試合
村松千裕 vs. 西郷里奈

【インドアコート5】

第1試合
(6)D・ラオ(アメリカ)5-7,2-6 (11)E・ペレス(オーストラリア)
第2試合
(2)F・コントレラス・ゴメス 6-2,2-6,6-2 (9)岡村恭香
第3試合
(3)C・ザオ(カナダ)vs.(10)ユー・シャオディ(中国)

[PR]引退表明フェデラー 最後の雄姿
9/23(金・祝)〜25(日)BIG4が集結「レーバーカップ」
WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!

大坂 なおみ連覇なるか?
9/19(月・祝)〜9/25(日)東レ パン パシフィック オープンテニス
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

錦織 圭出場予定!
10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>