ガルビン・ムグルサ
画像提供:tennis365.net

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、WTA500)は21日にシングルス2回戦が行われ、第3シードのG・ムグルサ(スペイン)が予選勝ち上がりのD・パパミチャイ(ギリシャ)を6-4, 6-2で破り、同大会で5度目のベスト8進出を決めた。

>>土居/奈良 東レ1回戦1ポイント速報<<

>>大坂ら東レPPO 組合せ・結果<<

世界ランク12位のムグルサは同大会に8度目の出場で、2014年と2017年に4強入りを果たしている。今季はまだツアータイトルは無く、2度の準々決勝進出が最高成績。今大会は上位4シードが1回戦免除のため2回戦から登場する。

一方、世界ランク177位のパパミチャイは予選1回戦で瀬間詠里花、予選決勝で坂詰姫野を破って本戦に進出した。

ブレークの奪い合いで始まったこの試合、ムグルサが第4ゲームで再びブレークに成功して1ブレークアップで第1セットを先取する。

第2セット、主導権を握ったムグルサが4ゲームを連取。パパミチャイが第5、第7ゲームでサービスキープをするも、ムグルサがサービングフォーザマッチを決めて準々決勝へ駒を進めた。


パパミチャイ[画像:tennis365.net]

試合後、ムグルサはオンコートインタビューで「去年は東京オリンピックでここでプレーをしたけど、無観客だったので(観客の)皆さんもフラストレーションがあったと思う。なので、今日は本当に皆さんの前でプレーができて嬉しいわ」と語った。

「(予選上がりのパパミチャイは)このコートに慣れてきて良い感じを持っていたと思うので、私はこれまで雨が降っているなかで練習をしながら準備をして、彼女に対抗しなければならない状況だった」

ムグルサは準々決勝で、第6シードのE・リバキナ(カザフスタン)と世界ランク30位のL・サムソノヴァによる1回戦の勝者と、同78位のワン・シンユ(中国)による2回戦を勝ち上がった選手と対戦する。

同日には第1シードのP・バドサ(スペイン)、第2シードのC・ガルシア(フランス)が初戦の2回戦に登場する。

[PR]引退表明フェデラー 最後の雄姿
9/23(金・祝)〜25(日)BIG4が集結「レーバーカップ」
WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!

大坂 なおみ連覇なるか?
9/19(月・祝)〜9/25(日)東レ パン パシフィック オープンテニス
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

錦織 圭出場予定!
10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>