抱き合う奈良くるみと土居美咲
画像提供:tennis365.net

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、WTA500)は21日にダブルス1回戦が行われ、土居美咲/奈良くるみ組はS・ケニン(アメリカ)(アメリカ)/ L・サムソノヴァ組に2-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

>>大坂 なおみvsハダッド=マイア 東レ2回戦1ポイント速報<<

>>大坂 なおみら東レPPOの組合せ<<

今大会限りで現役を引退する奈良は18日に行われたシングルス予選決勝で敗れ、残すはダブルスのみ。土居/ 奈良組はジュニア時代にウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)のジュニア部門で準優勝、2015年のジャパン・ウィメンズ・オープンテニス(日本/東京、ハード)で準優勝をおさめている。

またシングルスで本戦ストレートインの土居美咲は19日に行われた1回戦で、世界ランク36位のジャン・チンウェン(中国)(中国)に2-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦で敗退している。

この試合の第1セット、第3ゲームでブレークを許した土居/奈良組。第7ゲームで2度目のブレークを許し、先行される。続く第2セットでは第4ゲームで先にブレークに成功。しかし、リターンゲームでは第5・第9ゲームでブレークを許し、1時間11分で力尽きた。

試合後には奈良の引退セレモニーが行われ、今大会に出場している本玉真唯、内藤祐希、穂積絵莉、二宮真琴、青山修子、加藤未唯、柴原瑛菜が駆けつけた。

奈良はオンコートで「本当に楽しかったです。(皆さんの)応援のおかげでここまで成長してこれました。すごく幸せな時間でしたし、最後の最後まで勝負に徹することができました。負けて悔しい気持ちもありますけど、いい試合ができたと思います」と語った。

「みっちゃん(土居)とは、ジュニアの時から組んでもらってきた。2人でダブルスもシングルスも高め合ってここまで来られたと思います。いい同期(1991年生まれ)を持ったし、いなかったらここまで来られていなかったです。感謝だし、最後みっちゃんとプレーできてうれしかったです」

また、土居は「終わっちゃったなという感じ。くるみとはジュニアの時から切磋琢磨してやってきました。いつかは終わる時がくると思っていたけど、最後のダブルスで最後のポイントまで諦めないで、勝利を信じて戦い抜けたのは私たちらしいと思います」とコメントした。

勝利したケニン/サムソノヴァ組は準々決勝で、第3シードのD・クラウチェク(アメリカ)/ D・スフールス(オランダ)組と対戦する。





[PR]引退表明フェデラー 最後の雄姿
9/23(金・祝)〜25(日)BIG4が集結「レーバーカップ」
WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!

大坂 なおみ連覇なるか?
9/19(月・祝)〜9/25(日)東レ パン パシフィック オープンテニス
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

錦織 圭出場予定!
10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>