エレナ・リバキナ
画像提供:tennis365.net

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、WTA500)は21日にシングルス1回戦が行われ、第8シードのE・リバキナ(カザフスタン)は世界ランク30位のL・サムソノヴァに2-6, 4-6で敗れ、初戦突破とはならなかった。

>>大坂 なおみvsハダッド=マイア 東レ2回戦1ポイント速報<<

>>大坂、バドサら東レPPOの組合せ<<

23歳のリバキナは今大会初出場。今年7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)ではグランドスラム初優勝を飾った。

この試合の第1セット、第3ゲームでブレークを許したリバキナ。第6ゲームから3ゲーム連取を許し、36分で先行すされる。

続く第2セット、両者は互いにサービスキープが続くも、第4ゲームから3ゲームを連取され、第7ゲーム終了時点で3-4とリードをされる。その後の第9ゲームで4度のマッチポイントを凌いだが、第10ゲームをキープされ、1時間25分で力尽きた。


会見に臨んだエレナ・リバキナ[画像:tennis365.net]

試合後の会見でリバキナは「第1セットではいくつかチャンスはあったけれど、うまく活かすことができなかったので厳しかった。でも、全体的に見てとてもいい試合だったと思う」と語った。

「ここに来てあと数日間、時間があればもう少しいい試合内容になっていたかなと思う。第2セットでは良くなっていたので準備期間があればよかった。身体面で疲れがあったのか分からないけど、自分が思った通りのことはできなかった」

勝利したサムソノヴァは2回戦で世界ランク78位のワン・シンユ(中国)と対戦する。ワンは1回戦で同352位のE・ペレス(オーストラリア)を7-5, 1-6, 6-4のフルセットで下しての勝ち上がり。

同日の2回戦では、第3シードのG・ムグルサ(スペイン)、世界ランク28位のザン・シュアイ(中国)、同36位のジャン・チンウェン(中国)らが8強へ駒を進めた。

一方で第1シードのP・バドサ(スペイン)、第2シードのC・ガルシア(フランス)は2回戦で姿を消した。

[PR]引退表明フェデラー 最後の雄姿
9/23(金・祝)〜25(日)BIG4が集結「レーバーカップ」
WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!

大坂 なおみ連覇なるか?
9/19(月・祝)〜9/25(日)東レ パン パシフィック オープンテニス
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

錦織 圭出場予定!
10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>