ドミニク・ティーム(全米OP)
画像提供:Getty

男子テニスのモゼール・オープン(フランス/メッツ、室内ハード、ATP250)は21日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク182位のD・ティーム(オーストリア)が同85位のR・ガスケ(フランス)を6-3, 7-6(7-3)のストレートで破り、2回戦に進出した。2回戦では第2シードのH・フルカチュ(ポーランド)と対戦する。

>>大坂 なおみ 東レPPO2回戦1ポイント速報<<

>>大坂 なおみら東レPPO 組合せ・結果<<

ティームは前週行われていたツアー下部大会のレンヌオープン(フランス/レンヌ、屋内ハード、チャレンジャー)で準優勝をおさめた。モゼール・オープンには6年ぶり2度目の出場で、前回は準優勝を飾っている。

元世界ランク3位のティームと元同7位のガスケは4度目の対戦で、これまでガスケの2勝1敗。

第1セット、ガスケが第4ゲームで先にブレークに成功してゲームカウント3-1とリードするも、そこからティームが3度ブレークを奪って先取する。

第2セットもガスケが第5ゲームで先にブレークを奪うも、第8ゲームでティームがブレークバックに成功。タイブレークにもつれると、序盤3ポイントを連取したティームがリードが守り、1時間47分でガスケを振り切った。

試合後のティームのコメントが男子プロテニス協会のATP公式サイトに掲載され、「リシャール(ガスケ)と対戦するのは、いつも通りとても難しい挑戦だった。最近彼はいいプレーをしている」と語った。

「彼は良いコンディションでここに臨んでいたから、勝てたことは僕にとって良いサインだ、とてもうれしいよ」

「レンヌ(チャレンジャー)でのタフな5試合の後、少しコンディションの違うここで調子を取り戻せたのは良かったと思う。ここに戻ってきて最初の試合は、とても満足のいくものだった」

今大会の第1シードはD・メドベージェフ、第2シードはフルカチュ、第3シードはL・ムセッティ(イタリア)、第4シードはH・ルーネ(デンマーク)。上位4シードは1回戦免除のため2回戦から登場。ムセッティは同日に行われた2回戦で、世界ランク49位のS・コルダ(アメリカ)に3-6, 6-7(6-8)で敗れている。

また同日に行われた1回戦では、第7シードのA・ブブリク(カザフスタン)、世界ランク284位のS・ワウリンカ(スイス)、同61位のB・ボンズィ(フランス)、同100位のM・イメル(スウェーデン)、同167位のG・バレール(フランス)が2回戦に駒を進めている。

[PR]引退表明フェデラー 最後の雄姿
9/23(金・祝)〜25(日)BIG4が集結「レーバーカップ」
WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!

大坂 なおみ連覇なるか?
9/19(月・祝)〜9/25(日)東レ パン パシフィック オープンテニス
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

錦織 圭出場予定!
10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>