フェデラーとナダル
画像提供:Getty

男子テニスのレーバーカップ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は23日に開幕。大会初日の第4試合のダブルスにはR・フェデラー(スイス)/ R・ナダル(スペイン)組が出場。J・ソック(アメリカ)/ F・ティアフォー(アメリカ)組と対戦したが、6-4, 6-7 (2-7), [9-11]の逆転で敗れた。

現在41歳のフェデラーは15日に現役を引退することを発表。フェデラー、ナダル、N・ジョコビッチ(セルビア)、A・マレー(イギリス)のビッグ4が揃って出場するレーバーカップをもって現役生活を終えることを明らかにしていた。

レーバーカップはB・ボルグ(スウェーデン)率いるチーム・ヨーロッパとJ・マッケンロー(アメリカ)率いるチーム・ワールドが単複で23日から25日にかけて対戦。1勝するごとに初日は1ポイント、2日目は2ポイント、最終日は3ポイントを獲得する仕組みで勝敗が決まる。

この日、第1試合でC・ルード(ノルウェー)、第2試合でS・チチパス(ギリシャ)が勝利し、チームヨーロッパが2連勝。それでも第3試合ではA・デ ミノー(オーストラリア)がマレーを破り、チーム・ワールドが1勝をあげる。

迎えた第4試合、フェデラーがナダルとペアを組み登場。大歓声に包まれた試合は第1セット、互いにブレークチャンスを与えずサービスキープが続く。終盤となった第9ゲームでソック/ティアフォー組にブレークチャンスを与えるも凌ぐと直後の第10ゲームでブレークに成功し、先行する。

続く第2セットでは第3ゲームでブレークを許したフェデラー/ナダル組だったが、第6ゲームでブレークバックに成功。その後は互いにブレークを許さずにタイブレークに突入するも4度のミニブレークを許し、セットカウント1−1に追いつかれる。

それでも迎えた10ポイントマッチのファイナルセットを制し、フェデラーは自身の引退試合を勝利で終えた。

【9月23日(金)大会初日の結果】
第1試合 シングルス
ルード 6-4, 5-7, [10-7] ソック

第2試合 シングルス
チチパス 6-2, 6-1 D・シュワルツマン(アルゼンチン)

第3試合 シングルス
マレー 7-5, 3-6, [7-10] デ ミノー

第4試合 ダブルス
フェデラー/ ナダル 6-4, 6-7 (2-7), [9-11] ソック/ ティアフォー

【チーム・ヨーロッパ】
フェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレー、ルード、チチパス
補欠:M・ベレッティーニ(イタリア)、C・ノリー(イギリス)

【チーム・ワールド】
ティアフォー、F・オジェ アリアシム(カナダ)、T・フリッツ(アメリカ)、シュワルツマン、デ ミノー、ソック
補欠:T・ポール(アメリカ)

レーバーカップは2017年にチェコ/プラハで第1回が開催、その後2018年はアメリカ/シカゴ、2019年はスイス/ジュネーブで行われ、2020年は開催されず、2021年にアメリカ/ボストンで行われた。結果はいずれもチーム・ヨーロッパが勝利している。

[PR]引退表明フェデラー 最後の雄姿
9/23(金・祝)〜25(日)BIG4集結「レーバーカップ」
WOWOWオンデマンドで全日程独占ライブ配信!

9/19(月・祝)〜9/25(日)東レ パン パシフィック オープンテニス
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>