準決勝で棄権したラドゥカヌ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのハナ・バンク・韓国オープン(韓国/ソウル、ハード、WTA250)は24日、シングルス準決勝が行われ、第6シードのE・ラドゥカヌ(イギリス)は第1シードのJ・オスタペンコ(ラトビア)と対戦したが、6-4,3-6,0−3の時点で左臀部の負傷のため棄権し敗退となった。

19歳のラドゥカヌはこの試合、2度のブレークに成功し第1セットを先取すると、勢いそのまま第2セットでも先にブレークしゲームカウント2−1とリードする。しかし、その後ブレークバックを許し2−3とされるとメディカル・タイム・アウトを要求。そこからは1ゲームしか奪えずセットカウント1−1に追いつかれた。

ファイナルセットでも3ゲームを連取された昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)女王はその時点で棄権を申請し敗退となった。

ラドゥカヌは昨年の全米オープン優勝後ツアーで優勝することができず早期敗退を続けており、今年の全米オープンでは初戦敗退。今大会は昨季の全米オープン以来 初のマッチ3連勝を飾り4強入りとなったが負傷により敗北を余儀なくされた。

一方、勝利したオスタペンコは今年2月のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、 ハード、WTA500)以来となる自身ツアー6勝目をかけ、決勝で第2シードのE・アレクサンドロワと対戦。アレクサンドロワは準決勝で第7シードのT・マリア(ドイツ)をストレートで下し決勝へ駒を進めている。

[PR]引退表明フェデラー 最後の雄姿
9/23(金・祝)〜25(日)BIG4集結「レーバーカップ」
WOWOWオンデマンドで全日程独占ライブ配信!

9/19(月・祝)〜9/25(日)東レ パン パシフィック オープンテニス
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>