決勝進出を果たしたナカシマ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのサンディエゴ・オープン(アメリカ/サンディエゴ、ハード、ATP250)は24日、シングルス準決勝が行われ、第5シードのB・ナカシマ(アメリカ)が世界ランク130位のC・オコネル(オーストラリア)を6-4,7-6 (7-3)のストレートで破り、初のツアータイトル獲得に王手をかけた。

21歳で世界ランク69位のナカシマはサンディエゴ出身で、同大会には家族や友人などが多数観戦に訪れている。今大会は1回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場した同411位のZ・スヴァダ(アメリカ)をストレートで下すと、2回戦で同104位のD・クドラ(アメリカ)を破り8強入り。準々決勝で同75位のD・ガラン(コロンビア)をフルセットの末に撃破して4強へ駒を進めていた。

準決勝では7本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに83パーセントの高い確率でポイントを獲得するなどオコネルにブレークを許さず。自身も第1セットに奪った1度のブレークに留まったものの、第2セットのタイブレークを制しストレート勝ちをおさめた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはナカシマのコメントが掲載されている。

「素晴らしい気分だ。地元サンディエゴは最高の場所だね。本当に興奮しているよ。もちろん、今週は素晴らしい1週間だった。自分のプレーに自信を持っているから、明日の決勝が楽しみだ」

ナカシマは決勝で第3シードのM・ギロン(アメリカ)と対戦する。ギロンは準決勝で第1シードのD・エヴァンス(イギリス)をストレートで下しての勝ち上がり。また、ギロンにとっても決勝はツアー初タイトルがかかる一戦となり、勝利した方が初のツアー制覇を達成することとなる。

[PR]引退表明フェデラー 最後の雄姿
9/23(金・祝)〜25(日)BIG4集結「レーバーカップ」
WOWOWオンデマンドで全日程独占ライブ配信!

9/19(月・祝)〜9/25(日)東レ パン パシフィック オープンテニス
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>