優勝したオルモス/ダブロウスキ組
画像提供:tennis365.net

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、WTA500)は25日、ダブルス決勝が行われ、第2シードのG・ダブロウスキ(カナダ)/ G・オルモス(メキシコ)組が第4シードのE・ペレス(オーストラリア)/ N・メリチャー(アメリカ)組を6-4, 6-4のストレートで破り、今季2度目の優勝を果たした。

今月11日に幕を閉じた全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では8強入りを果たしていたダブロウスキ/オルモス組。今大会はそれ以来のツアー出場となっている。

この試合、ダブロウスキ/オルモス組はファーストサービスが入ったときに72パーセントの確率でポイントを獲得。3度のブレークポイントを握られるも全て凌ぐと、リターンゲームでは2度のブレークに成功し、1時間16分で勝利した。

ダブロウスキ/オルモス組は5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)で今季初優勝を果たし、翌週のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、WTA1000)では準優勝している。

[PR]引退表明フェデラー 最後の雄姿
9/23(金・祝)〜25(日)BIG4が集結「レーバーカップ」
WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!

10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>