ヤニック・シナー(全米OP)
画像提供:Getty

男子テニスのソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、室内ハード、ATP250)は29日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのJ・シナー(イタリア)が世界ランク93位のN・ボルジェス(ポルトガル)を6-3,6-4のストレートで破り、初戦突破を果たすとともにベスト8進出を決めた。

>>西岡 良仁vsルード 準々決勝1ポイント速報<<

21歳で世界ランク10位のシナーは同大会3度目の出場となり、2020年と2021年に優勝。今大会では3連覇を目指す。

今大会の上位4シードは1回戦免除のため2回戦からの登場となったシナー。この試合の第1セット、第2ゲームでいきなりブレークに成功。1度もブレークポイントを握られることなく先行する。

続く第2セットでは第3ゲームでブレークに成功。この日、1度もブレークポイントを握られることなく、1時間25分で勝利した。

勝利したシナーは準々決勝で世界ランク144位のA・ブキッチ(オーストラリア)と対戦する。ブキッチは2回戦で同116位のF・ベルダスコ(スペイン)を1-6, 6-4, 6-3の逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第5シードのH・ルーネ(デンマーク)、世界ランク95位のM・ヒュースラー(スイス)、同119位のK・マイクシャク(ポーランド)、予選勝者で同133位のJ・シュトルフ(ドイツ)が8強に駒を進めている。

[PR]フェデラー最後の雄姿 ナダルとのダブルス、引退セレモニーなど永久保存版!
10/2(日)午前7:30〜「レーバーカップ」5時間のダイジェスト版放送!

10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>