ダニエル太郎
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク92位のダニエル太郎は30日、自身のツイッターを更新。10月3日から始まる楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)の会場に着いたことを投稿した。

>>西岡 良仁 準決勝1ポイント速報<<

1972年に第1回大会が開催されてから50年を迎える同大会は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により直近2年連続で中止となっており、2019年以来3年ぶりに開催される。

2019年大会では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が決勝で当時世界ランク80位のJ・ミルマン(オーストラリア)を6-3, 6-2のストレートで下して大会初優勝を果たした。

ダニエルは現在行われているユジン韓国オープン(韓国/ソウル、ハード、ATP250)に出場し、2回戦で世界ランク56位の西岡良仁に2-6, 4-6のストレート負けを喫している。

29歳のダニエルは今回が6度目の出場で、最高成績は2019年の準々決勝進出。今年はワイルドカード(主催者推薦)で出場予定だったが、繰り上がりで本戦出場が決定した。

ダニエルはツイッターで「有明到着!明日から練習もあるので是非見に来てください。ミズノブースにも僕の写真いっぱいありました。皆さんに会えるの楽しみにしてます」とつづった。

日本勢では西岡、ダニエルが本戦ストレートイン。世界ランク163位の内田海智と同311位の内山靖崇がワイルドカードで本戦に出場する。

今大会の開催種目・ドロー数は、男子シングルス32名(予選16名)、男子ダブルス16組、男子車いすテニスのシングルス8名、男子車いすテニスのダブルス4組で行われる。


>>ダニエル公式ツイッター<<

[PR]フェデラー最後の雄姿 ナダルとのダブルス、引退セレモニーなど永久保存版!
10/2(日)午前7:30〜「レーバーカップ」5時間のダイジェスト版放送!

10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>