望月慎太郎
画像提供:tennis365.net

男子テニスの楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)は3日、シングルス1回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場する世界ランク401位の望月慎太郎は同47位のB・ナカシマ(アメリカ)に3-6, 2-6のストレートで敗れ、ATPツアー本戦初白星とはならなかった。

>>西岡、ルードら楽天OP組み合わせ<<

>>ダニエルvsミラリェス 1ポイント速報<<

前週のユジン韓国オープン(韓国/ソウル、ハード、ATP250)では予選決勝で敗れたもののラッキールーザーで本戦に出場した望月。シード選手の欠場により出場したため、2回戦が初戦となったがM・マクドナルド(アメリカ)にストレートで敗れている。

大会初出場となった望月は第1セット、序盤からナカシマとのストローク戦を制するなどサービスゲームのキープを続ける。しかし、第8ゲームではネットに出る直前の足元に強烈なリターンを打ち込まれるなどポイントを落とし先にブレークを許す。リターンゲームでは5本のサービスエースを決められるなどブレークバックのチャンスを得ることができないまま先行された。

第2セットでも9月のサンディエゴ・オープン(アメリカ/サンディエゴ、ハード、ATP250)でツアー初優勝を飾った調子の良いナカシマに主導権を握られ、第1ゲームで先にブレークを許した望月。第7ゲームでもとどめとなるブレークを奪われた望月は、最後までブレークを奪うことができずに1時間7分で力尽きた。

勝利したナカシマは2回戦で第9シードのB・チョリッチ(クロアチア)と世界ランク91位のT・コキナキス(オーストラリア)の勝者と対戦する。

同日のシングルスには世界ランク95位のダニエル太郎とワイルドカードで出場する同314位の内山靖崇が出場を予定。ダニエルは同80位のB・ミラリェス(スペイン)と、内山は第4シードのF・ティアフォー(アメリカ)と1回戦で顔を合わせる。

[PR]10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>