会見に臨んだダニエル太郎
画像提供:tennis365.net

男子テニスの楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)は3日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク95位のダニエル太郎は同80位のB・ミラリェス(スペイン)に5-7, 5-7のストレートで敗れ、2019年大会に続く2度目の初戦突破とはならなかった。試合後の会見では前週のユジン韓国オープン(韓国/ソウル、ハード、ATP250)の2回戦で初対戦となった同41位の西岡良仁について語った。

>>西岡、ルードら楽天OP組み合わせ<<

>>内山vsティアフォー 1ポイント速報<<

前週のユジン韓国オープン(韓国/ソウル、ハード、ATP250)ではE・ゴメスを下し、初戦を突破したダニエル。しかし、2回戦では初対戦となった西岡良仁にストレートで敗れ、ベスト8進出を逃している。

この試合の第1セット、ダニエルは第7ゲームで先にブレークに成功。ゲームカウント5-4で迎えた第10ゲームでは自身のサービスゲームでセットポイントを握る。しかし、ここでブレークバックを許すと第12ゲームも続けてブレークされ先行される。

第2セットでも第3ゲームで先にブレークしたダニエルだが、第6ゲームでブレークバックされ追いつかれると第1セットと同様に終盤第11ゲームで勝負が決まるブレークをを許し、2時間14分で力尽きた。

試合後の会見でダニエルは西岡との初対戦を振り返り、次のようにコメントした。

「ヨシはずっと前から知っている選手ですし、デビスカップやオフシーズンで一緒に練習してきました。彼も色々と工夫をしながら、ツアーを周ってきて試合と練習ではプレーが微妙に違いました。練習ではアグレッシブにミスの多いプレーもするんですけど、試合では丁寧に相手が嫌がるようなプレーをしてくるのが印象的でした。背が小さいのを上手く使っていて不利だと思われるのを有利に使っていました。ゲーム感覚はうまく、昔から尊敬しているところです」

「本当に誰でもやりにくい選手だと思います。サーブも遅いのに中々アタックできないとか、フォアもそんなにスピードがあって食い込んでくるショットでもないのにミスを誘われたりしました。そういうところが強いなと言う印象を受けました」

勝利したミラリェスは2回戦で第4シードのF・ティアフォー(アメリカ)とワイルドカードで出場する世界ランク314位の内山靖崇の勝者と対戦する。

同日のシングルスには世界ランク401位の望月慎太郎が出場。同47位のB・ナカシマ(アメリカ)にストレートで敗れている。

[PR]10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>