キャスパー・ルード
画像提供:tennis365.net

男子テニスの楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)は4日、シングルス1回戦が行われ、第1シードのC・ルード(ノルウェー)は世界ランク58位のJ・ムナル(スペイン)に3-6, 3-6のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

>>西岡、キリオスら楽天OP組み合わせ<<

>>キリオスvsツェン 1ポイント速報<<

>>守屋vs清水 1ポイント速報<<

世界ランク2位のルードは今季3勝を挙げており、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)と全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では準優勝を飾っている。

また、前週のユジン韓国オープン(韓国/ソウル、ハード、ATP250)にも第1シードとして出場したものの、同大会を制した西岡良仁にフルセットで敗れている。

この試合の第1セット、大会初出場となったルードは第4・第6ゲームでブレークを許し、ゲームカウント1-5とされる。ムナルのサービング・フォー・ザ・セットとなった第7ゲームで1度のブレークバックに成功するもその後のサービスをキープされ、先行される。

続く第2セットでは第1ゲームでいきなりブレークを許したルード。その後のリターンゲームでは第4・第6ゲームで4度のブレークチャンスを掴むも活かせず。第9ゲームで2度目のブレークを奪われ、1時間35分で力尽きた。

勝利したムナルは2回戦で世界ランク68位のP・マルティネス(スペイン)と対戦する。マルティネスは1回戦で同93位のA・ポピリン(オーストラリア)を7-5, 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。

同日のシングルスにはワイルドカード(主催者推薦)で出場する世界ランク155位の内田海智、予選を勝ち上がった同290位の野口莉央、同355位の島袋将、同451位の清水悠太、ラッキールーザーで同253位の守屋宏紀が出場。内田は既に試合を終えており、同78位のM・マクドナルド(アメリカ)に敗れ初戦敗退となった。

[PR]10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>