野口莉央
画像提供:tennis365.net

男子テニスの楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)は4日、シングルス1回戦が行われ、予選勝者で世界ランク291位の野口莉央が同じく予選勝者で同297位のR・ラーマナータン(インド)を6-4, 3-6, 7-6 (7-1)のフルセットで破り、ATPツアー本戦初勝利を飾った。

>>西岡、キリオスら楽天OP組み合わせ<<

>>キリオスvsツェン 1ポイント速報<<

>>守屋vs清水 1ポイント速報<<

23歳の野口は先月、ツアー下部大会であるUCHIYAMA CUP(北海道/札幌、ハード、ITF)で2週連続の優勝。前週に行われたM25 柏(日本/柏、室外ハード、ITF)では4強入りを決めている。

今大会には予選から出場し、1回戦で世界ランク566位の伊藤竜馬、2回戦で同799位の高橋悠介を下してATPツアー初の本戦に駒を進めた。

この試合の第1セット、第2ゲームで2度のブレークポイントを凌いだ野口。リターンゲームでは第5ゲームでブレークに成功し、先行する。

しかし、続く第2セットでは互いにサービスキープが続いたものの、第8ゲームでブレークを許し、セットカウント1−1に追いつかれる。

迎えたファイナルセット、野口は序盤で3ゲームを連取。第9ゲームでサービング・フォー・ザ・マッチを迎えるも、ここでブレークを許す。その後の第11・第12ゲームでは互いにブレークチャンスを掴むも活かせずタイブレークへ。野口は序盤で5ポイントを連取し、2時間5分の激闘を制した。

勝利した野口は2回戦で第7シードのD・シャポバロフ(カナダ)と世界ランク112位のS・ジョンソン(アメリカ)の勝者と対戦する。

同日のシングルスにはワイルドカード(主催者推薦)で出場する世界ランク155位の内田海智、予選を勝ち上がった同290位の野口莉央、同355位の島袋将、同451位の清水悠太、ラッキールーザーで同253位の守屋宏紀が出場。内田は既に試合を終えており、同78位のM・マクドナルド(アメリカ)に敗れ初戦敗退となった。

[PR]10/3(月)〜10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>