デニス・シャポバロフ
画像提供:tennis365.net

男子テニスのストックホルム・オープン(スウェーデン/ストックホルム、室内ハード、ATP250)は19日、シングルス2回戦が行われ、第4シードのD・シャポバロフ(カナダ)が世界ランク192位のA・ベリエ(スイス)を6-4, 7-5のストレートで破って初戦突破を果たすとともに、今季ツアー3大会連続のベスト8進出を果たした。

>>ダニエル 太郎vsカチーン 1ポイント速報<<

シャポバロフは9月に行われたユジン韓国オープン(韓国/ソウル、ハード、ATP250)の決勝で西岡良仁に敗れるも準優勝。その後の楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)では、準決勝進出を果たした。

今大会の上位4シードは1回戦免除のため、この日が初戦だったシャポバロフは序盤で2ゲーム連取に成功し、そのリードを守り切って36分で第1セットを先取する。

続く第2セットではお互いにサービスキープが続くも、第10ゲームから3ゲームを連取し、1時間22分で勝利した。

シャポバロフは準々決勝で第5シードのA・デ ミノー(オーストラリア)と世界ランク56位のJ・J・ウルフ(アメリカ)の勝者と対戦する。

同日には、第1シードのS・チチパス(ギリシャ)、第2シードのC・ノリー(イギリス)、第7シードのH・ルーネ(デンマーク)らがベスト8へ駒を進めた。