西岡良仁(全米OP)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)は22日、シングルス予選1回戦が行われ、第1シードで世界ランク39位の西岡良仁が同70位のI・イヴァシカを6-2, 7-6(7-4)で破り、予選決勝へ駒を進めた。

>>全日本 男子シングルス組合せ・結果<<

>>全日本 女子シングルス組合せ・結果<<

西岡は今週行われたヨーロピアン・オープン(ベルギー/アントワープ、室内ハード、ATP250)でベスト8進出を果たした。準々決勝では世界ランク36位のS・コルダ(アメリカ)にストレート負けを喫するも、試合後には今大会に向けて「切り替えていきます」と自身のSNSでつづっていた。

初顔合わせとなったこの試合、西岡は序盤で3ゲームを連取してリードすると第7ゲームで3度目のブレークに成功。サービングフォーザセットをラブゲームで締めて第1セットを先取する。

第2セットは逆に3ゲーム連取を許した西岡だが第5ゲームでブレークバックに成功し、両者譲らずタイブレークにもつれる。イヴァシカが先にミニブレークに成功するも、西岡が2度ミニブレークを奪って1時間10分に及んだ第2セットをものにし、予選決勝進出を決めた。

西岡は本戦進出をかけて、予選決勝で第8シードで世界ランク67位のJ・ソウサ(ポルトガル)と対戦する。両者は2度目の顔合わせで、2019年の楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス(日本 /東京、ハード、ATP500)1回戦で対戦し、西岡が7-5, 6-3のストレート勝ちをおさめた。

今大会の本戦第1シードはD・メドベージェフ、第2シードはS・チチパス(ギリシャ)、第3シードはA・ルブレフ、第4シードはT・フリッツ(アメリカ)、第5シードはH・フルカチュ(ポーランド)、第6シードはJ・シナー(イタリア)、第7シードはC・ノリー(イギリス)、第8シードはM・ベレッティーニ(イタリア)。