西岡良仁
画像提供:tennis365.net

男子テニスで世界ランク37位の西岡良仁は26日、自身のツイッターを更新。10月31日に開幕するロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)に向けて休養をとることを発表した。

>>全日本 男子シングルス組合せ<<

>>全日本 女子シングルス組合せ<<

西岡は今年9月のユジン韓国オープン(韓国/ソウル、ハード、ATP250)でキャリア通算2度目のツアータイトルを獲得した。翌週の楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)では初戦敗退を喫したものの、その後のヨーロピアン・オープン(ベルギー/アントワープ、室内ハード、ATP250)ではベスト8に進出。

現在開催されているエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)1回戦では世界ランク10位のT・フリッツ(アメリカ)に7-6 (7-5), 6-7 (7-9), 3-6の逆転で敗れた。

西岡はツイッターで「アントワープから始まって久しぶりのオフ。約10日間くらいはずっと試合と練習を休みなしだったのでパリに向けて少し休憩中です。勝てなかったのは残念ですが、今年最後の大会で良い結果残せる様にしっかり休みます」とつづった。


>>西岡良仁の公式ツィーター<<