西岡良仁、カルロス・アルカラス、ラファエル・ナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

31日に開幕する男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は29日、本戦ドローを発表し、第1シードはC・アルカラス(スペイン)、第2シードは全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)以来の公式戦出場となるR・ナダル(スペイン)が入り、第6シードのN・ジョコビッチ(セルビア)はナダルと同じボトムハーフに組まれた。

>>パリマスターズ 組合せ<<

>>全日本テニス選手権 組合せ・結果<<

日本勢で唯一人出場する世界ランク37位の西岡良仁は初戦で世界ランク60位のA・カラツェフと対戦し、この試合の勝者は2回戦でアルカラスと対戦する。

また世界ランク49位のA・マレー(イギリス)は今季限りで現役を引退する同195位のG・シモン(フランス)と、同194位のS・ワウリンカ(スイス)は今季ツアー2勝を挙げている同25位のH・ルーネ(デンマーク)と初戦で対戦する。

今大会のシード勢は以下の通り。上位8シードは2回戦から登場する。

(1)C・アルカラス
(2)R・ナダル
(3)C・ルード(ノルウェー)
(4)D・メドベージェフ
(5)S・チチパス(ギリシャ)
(6)N・ジョコビッチ
(7)A・ルブレフ
(8)F・オジェ アリアシム(カナダ)
(9)T・フリッツ(アメリカ)
(10)H・フルカチュ(ポーランド)
(11)J・シナー(イタリア)
(12)C・ノリー(イギリス)
(13)M・ベレッティーニ(イタリア)
(14)P・カレノ=ブスタ(スペイン)
(15)M・チリッチ(クロアチア)
(16)F・ティアフォー(アメリカ)