「RACE TO TURIN」(最終戦出場ランキング)
画像提供:tennis365.net

男子テニス最終戦のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)出場をかけた「RACE TO TURIN」(最終戦出場ランキング)が31日に更新され、残り2枠の出場権争いが佳境を迎えている。

>>西岡、ナダルらパリマスターズ 組合せ<<

>>西岡vsアルカラス 1ポイント速報<<

11月13日から開幕するNitto ATPファイナルズは、年間の大会獲得ポイント上位8選手が出場するシーズン最後の大会。

10月31日時点でC・アルカラス(スペイン)、R・ナダル(スペイン)、S・チチパス(ギリシャ)、C・ルード(ノルウェー)、D・メドベージェフ、N・ジョコビッチ(セルビア)の6名の出場が決定。今年のウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)王者であるジョコビッチは現在同ランキング10位だが、その年のグランドスラムチャンピオンは最終戦ランキングで8位以内に入れない場合でも、20位以内であれば出場権を獲得できるため、出場が可能となった。

そして6位に位置しているF・オジェ アリアシム(カナダ)と同7位のA・ルブレフ、同8位のT・フリッツ(アメリカ)らが現在開催中のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATPマスターズ)の成績次第で入れ替割る可能性があり、今週の選手の勝ち上がりが重要になってくる。

オジェ アリアシムは前週のスイス・インドア・バーゼル(スイス/バーゼル、室内ハード、ATP500)、前々週のヨーロピアン・オープン(ベルギー/アントワープ、室内ハード、ATP250)と前々週のユニクレジット・フィレンツェ・オープン(イタリア/フィレンツェ、ハード、ATP250)と3週連続でツアー制覇。ランキングで急上昇し出場権争いで有利な立場にある。

ロレックス・パリ・マスターズでは第7シードのA・ルブレフが初戦の2回戦で世界ランク47位のJ・イズナー(アメリカ)と、第8シードのオジェ アリアシムは同74位のM・イメル(スウェーデン)と対戦する。また、フリッツは31日に行われた1回戦で同32位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)を下し初戦突破。2回戦で今大会を最後に現役を引退する元世界ランク6位のG・シモン(フランス)と顔を合わせる。