初戦で敗れたワウリンカ(画像はスイスインドア)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は1日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク153位のS・ワウリンカ(スイス)は同18位のH・ルーネ(デンマーク)に6-4,5-7,6-7 (3-7)の逆転フルセットで敗れ、初戦敗退となった。

>>西岡 良仁vsアルカラス 1ポイント速報<<

>>西岡、ナダルらパリマスターズ 組合せ<<

初の顔合わせとなった37歳のワウリンカと19歳のルーネ。この試合の第1セットではファーストサービスが入ったときに100パーセントの確率でポイントを獲得したワウリンカがブレークを許すことなく先行。第2セットでは第1ゲームで初のブレークを奪われたワウリンカだったが第8ゲームでブレークバック。第10ゲームでは2度のマッチポイントを握るもこれを決められずにいると第11ゲームでブレークされファイナルセットにもつれ込む。

ファイナルセットでは互いにブレークチャンスすら握れずにサービスゲームのキープが続くが、第12ゲームで再びワウリンカにマッチポイントが。しかしこれもサービスで凌がれるとタイブレークに突入。序盤3ポイントを連取されると、最後までミニブレークを奪うことができず、マッチポイントではスマッシュを決められ2時間32分で力尽きた。

31日付の世界ランキングで自身初のトップ20の壁を越えたルーネは2回戦で、第10シードのH・フルカチュ(ポーランド)と対戦する。フルカチュは1回戦で世界ランク43位のA・マナリノ(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第3シードのC・ルード(ノルウェー)や第6シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第7シードのA・ルブレフが3回戦進出。第14シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)、世界ランク27位のD・エヴァンス(イギリス)らが2回戦へ駒を進めた。