西岡良仁とアルカラス
画像提供:tennis365.net/ Getty Images

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は2日、世界ランク38位の西岡良仁と第1シードのC・アルカラス(スペイン)のシングルス2回戦が現在行われている。

>>西岡 良仁vsアルカラス 1ポイント速報<<

>>西岡、ナダルらパリマスターズ 組合せ<<

両者は初の顔合わせ。

大会4度目の出場となる西岡は1回戦で世界ランク58位のA・カラツェフを6-3, 6-4のストレートで破り、2020年以来2年ぶり2度目の2回戦進出。一方、2年連続の出場となる同1位のアルカラスは上位8シードが1回戦免除のため、この試合が初戦となる。

この試合の勝者は3回戦で世界ランク28位のG・ディミトロフ(ブルガリア)とラッキールーザーで同59位のF・フォニーニ(イタリア)の勝者と対戦する。