ルブレフとオジェ アリアシム
画像提供:ゲッティイメージズ

今月13日に開幕する男子テニス最終戦のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は2日、世界ランク8位のF・オジェ アリアシム(カナダ)と同9位のA・ルブレフが出場することを発表し、参戦する8選手が決定した。

>>アルカラス、ナダルらパリマスターズ 組合せ<<

11月13日から開幕するNitto ATPファイナルズは、年間の大会獲得ポイント上位8選手が出場するシーズン最後の大会。

現在行われているロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)の結果次第で「RACE TO TURIN」(最終戦出場ランキング)で6位に位置しているオジェ アリアシムと同7位のルブレフ、同8位のT・フリッツ(アメリカ)の出場が決定することとなっていた。

そして、2日に行われた2回戦でフリッツが世界ランク188位のG・シモン(フランス)に5-7, 7-4, 4-6のフルセットで敗退。これにより、3回戦進出を決めているオジェ アリアシムとルブレフの最終戦出場が確定した。

22歳のオジェ アリアシムが出場するのは今回が初。一方、25歳のルブレフは3年連続3度目の出場となるが、いずれもラウンドロビンで敗れている。

これにより、2022年のNitto ATPファイナルズに出場する選手はC・アルカラス(スペイン)、R・ナダル(スペイン)、S・チチパス(ギリシャ)、C・ルード(ノルウェー)、D・メドベージェフ、N・ジョコビッチ(セルビア)、ルブレフ、オジェ アリアシムとなった。