フェリックス・オジェ アリアシム
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は4日、シングルス準々決勝が行われ、第8シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)が第16シードのF・ティアフォー(アメリカ)を6-1, 6-4のストレートで破り、大会初のベスト4進出を果たした。

>>アルカラス、ジョコビッチらパリマスターズ 組合せ<<

>>アルカラスvsルーネ 1ポイント速報<<

世界ランク8位のオジェ アリアシムは3回戦で元6位のG・シモン(フランス)を6-1, 6-3のストレートで破り、大会初の8強入り。一方、同21位のティアフォーは3回戦で同25位のA・デ ミノー(オーストラリア)を6-3, 7-6 (7-5)のストレートで下し大会初の準々決勝進出を決めた。

この試合、10本のウィナーを決めファーストサービスが入ったときに100パーセントの確率でポイントを獲得したオジェ アリアシム。序盤で3ゲームを連取するとティアフォーにチャンスを与えることなく、第6ゲームで2度目のブレークに成功し先行する。

続く第2セットでは第3ゲームでブレークに成功。第9ゲームで5度のブレークポイントとなるマッチポイントを活かせなったものの、サービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲームをキープし、1時間33分で勝利した。

勝利したオジェ アリアシムは準決勝で第1シードのC・アルカラス(スペイン)と世界ランク18位のH・ルーネ(デンマーク)の勝者と対戦する。