4強入りしたジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は4日、シングルス準々決勝が行われ、第6シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク23位のL・ムセッティ(イタリア)を6-0,6-3のストレートで破り、2年連続8度目のベスト4進出を果たした。試合後には「今週のベストマッチだよ」と語っている。

>>ルーネ、ジョコビッチらパリマスターズ 組合せ<<

昨年の同大会王者である35歳のジョコビッチ。この試合では20歳のムセッティを圧倒することとなる。第1セットではファーストサービスが入ったときに100パーセントの確率でポイントを獲得するなどサービスゲームでわずか2ポイントしか落とさない完璧なプレーを披露。リターンゲームでは3度のブレークに成功するなど6ゲームの連取に成功しわずか24分で先行する。

第2セットでは第3ゲームでこの日初のブレークを許しリードされたジョコビッチだったが、直後の第4ゲームでブレークバックすると第6ゲームでもブレークに成功。そのリードを守り切り、1時間15分で勝利した。

ロレックス・パリ・マスターズの公式サイトにはジョコビッチの試合後のコメントが掲載された。今大会ジョコビッチは初戦の2回戦で世界ランク34位のM・クレッシー(アメリカ)、3回戦で同19位のK・ハチャノフをそれぞれストレートで撃破している。

「彼(ムセッティ)はバックハンドでもフォアハンドでも多くの才能を持った若者だ。今夜の戦術はとてもアグレッシブなものだった。特に第1セットではそれがうまくできた。うれしいね。今週のベストマッチだよ」

大会7度目の優勝を目指すジョコビッチは準決勝で第5シードのS・チチパス(ギリシャ)と対戦する。チチパスは準々決勝で世界ランク31位のT・ポール(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

両者は11度目の顔合わせでジョコビッチの8勝2敗。直近では先月のアスタナ・オープン(カザフスタン/ヌルスルタン、ハード、ATP500)決勝で対戦し、ジョコビッチがストレート勝ちをおさめている。

同日には第8シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)と世界ランク18位のH・ルーネ(デンマーク)がベスト4へ駒を進めている。