準優勝のジョコビッチ、優勝のルーネ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)は6日、シングルス決勝が行われ、世界ランク18位のH・ルーネ(デンマーク)が第6シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を3-6, 6-3, 7-5の逆転で破り、今季ツアー3勝目とともにATP1000マスターズシリーズで初優勝を飾った。

>>ルーネ、ジョコビッチらパリマスターズ 組合せ・結果<<

19歳のルーネは今大会、1回戦で世界ランク153位のS・ワウリンカ(スイス)、2回戦で同10位のH・フルカチュ(ポーランド)、3回戦で同9位のA・ルブレフ、準々決勝で同1位のC・アルカラス(スペイン)(途中棄権)、準決勝で同8位のF・オジェ アリアシム(カナダ)に勝利。4試合連続でトップ10プレーヤーを破って決勝に進出した。

一方35歳のジョコビッチは、準決勝で第5シードのS・チチパス(ギリシャ)を6-2, 3-6, 7-6 (7-4)のフルセットで破り、同大会で2年連続7度目の優勝に王手をかけた。

両者は2度目の対戦で、前回は昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)1回戦で対戦し、ジョコビッチが6-1, 6-7(5-7), 6-2, 6-1で勝利している。

この試合、第4ゲームでルーネが2本連続のダブルフォルトによりジョコビッチにブレークを許すと、ジョコビッチは1度もブレークポイントを与えずに第1セットを36分で先取する。

第2セットの第1ゲーム、ルーネは0-40から3本ブレークポイントを凌いでキープすると、第2ゲームでブレークに成功する。両者互いにサービスゲームをキープして迎えた第9ゲーム、ルーネはサービングフォーザセットをラブゲームで決めて1セットオールとする。

ファイナルセット、ルーネは第4ゲームでダブルフォルトによりジョコビッチにブレークを許すも直後の第5ゲームでブレークバックに成功する。

ルーネはゲームカウント5-5で迎えた第11ゲームで再びジョコビッチのサービスゲームを破ると、サービングフォーザマッチの第12ゲームではジョコビッチに6度ブレークポイントを握られるもこれを凌ぎ、今季3度目の優勝を飾った。

ルーネの試合後のコメントが男子プロテニス協会のATP公式サイトに掲載され、決勝を振り返って「この1週間を締めくくるのにふさわしい、僕にとってのすべてだ」と語った。

「ノヴァークと同じコートに立つのは光栄なことだ」

「人生で最もストレスの多い試合だったよ。(ファイナルセットでは)タイブレークのことを考え始めていたんだ。フィニッシュすることができて、誇りに思う」

ルーネはこの優勝により7日に発表されるATP世界ランキングで10位に浮上し、自身初のトップ10入りを果たす。