パリMSでの西岡
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの11月7日付ATP世界ランキングが発表され、西岡良仁は2つ上げ36位に浮上し、自己最高位を更新した。

27歳の西岡は前週のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)1回戦でA・カラツェフをストレートで破り初戦を突破。2回戦では世界ランク1位のC・アルカラス(スペイン)に屈したものの、7日付の世界ランクで自己最高をマークした。

また、横浜慶應チャレンジャー(日本/横浜、ハード、ATPチャレンジャー)で準優勝を果たした綿貫陽介が34上げ193位となったほか、同大会4強入りの島袋将が42上がり289位へ浮上。自己最高位を記録した。

11月7日付、男子ATP世界ランキングの日本人上位10選手は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■36位[ ↑2 ]…西岡良仁
1,134ポイント(1,105ポイント)

■94位[ - ]…ダニエル太郎
594ポイント(594ポイント)

■169位[ ↑3 ]…内田海智
338ポイント(322ポイント)

■193位[ ↑34 ]…綿貫陽介
279ポイント(236ポイント)

■201位[ ↑1 ]…野口莉央
266ポイント(269ポイント)

■217位[ ↓1 ]…守屋宏紀
251ポイント(251ポイント)

■289位[ ↑42 ]…島袋将
174ポイント (146ポイント)

■317位[ - ]…内山靖崇
158ポイント(158ポイント)

■355位[ ↑5 ]…望月慎太郎
133ポイント(133ポイント)

■404位[ ↑7 ]…清水悠太
114ポイント(107ポイント)