(左から)アルカラスとルーネ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの11月7日付ATP世界ランキングが発表され、前週のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)で優勝を果たした19歳のH・ルーネ(デンマーク)が8上げて10位に浮上。自身初のトップ10入りを飾るとともに、デンマーク人男子として初のトップ10プレーヤーとなった。

ルーネは今シーズン、4月のBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)でツアー初優勝を果たすと、10月のストックホルム・オープン(スウェーデン/ストックホルム、室内ハード、ATP250)ではS・チチパス(ギリシャ)を下し2勝目。翌週のスイス・インドア・バーゼル(スイス/バーゼル、室内ハード、ATP500)では準優勝に終わるも、ロレックス・パリ・マスターズではH・フルカチュ(ポーランド)やS・ワウリンカ(スイス)、A・ルブレフ、F・オジェ アリアシム(カナダ)を破り決勝に進出。最後はN・ジョコビッチ(セルビア)を逆転で下し「ATPマスターズ1000」初のタイトルを獲得した。

世界ランクトップ10を記録したルーネの年齢より若く10位の壁を破ったのはR・ナダル(スペイン)とC・アルカラス(スペイン)のみで、ジョコビッチやA・マレー(イギリス)、R・フェデラー(スイス)、A・ロディック(アメリカ)、M・サフィンらよりも早い記録となった。

また、今回の優勝により13日に開幕する最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)の補欠入りも確定。欠場者が出た場合には最終戦初出場の可能性もある。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには大躍進を遂げたルーネのコメントが掲載された。

「1カ月くらい前にはまったく期待していなかったけど、いまこの場にいられるんだ。もし来週(最終戦)試合があるのであれば、それを楽しみにしたいと思う。今は早く寝て、食事をしてリラックスしたい」

7日付の世界ランキングでは1位のアルカラスと10位のルーネの2名が10代選手としてトップ10入り。2人の10代がトップ10に同時に入るのは2007年5月以来15年以上ぶりで、当時はジョコビッチとマレーがランクインしている。

11月7日付、男子ATP世界ランキングの上位10選手は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ]…C・アルカラス
6,820ポイント(6,730ポイント)

■2位[ - ]…R・ナダル
5,820ポイント(5,810ポイント)

■3位[ ↑2 ]…S・チチパス
5,350ポイント(5,035ポイント)

■4位[ - ]…C・ルード(ノルウェー)
5,020ポイント(5,510ポイント)

■5位[ ↓2 ]…D・メドベージェフ
4,065ポイント(5,655ポイント)

■6位[ ↑2 ]…F・オジェ アリアシム
3,995ポイント(3,725ポイント)

■7位[ ↑2 ]…A・ルブレフ
3,530ポイント (3,685ポイント)

■8位[ ↓1 ]…N・ジョコビッチ
3,320ポイント(4,320ポイント)

■9位[ ↑2 ]…T・フリッツ(アメリカ)
2,955ポイント(3,090ポイント)

■10位[ ↑8 ]…H・ルーネ
2,911ポイント(1,991ポイント)