(左から)ナダル、アルカラス、チチパス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATPは7日、13日に開幕する最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)終了後に世界ランク1位の座につく可能性のある3選手とその条件を公表した。

Nitto ATPファイナルズは1シーズンにおける獲得ポイント上位8選手のみが出場できる大会。同大会の結果次第で年間最終世界ランクでトップに立つ選手が決まる。

まず、年間最終世界ランク1位に最も近いのは現在世界ランク1位の19歳、C・アルカラス(スペイン)。しかし、アルカラスはロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ室内ハード、ATP1000)で左わき腹を負傷し最終戦の欠場が決定しシーズンを終了しており、自身の力でポイントを獲得して年間最終世界ランクで1位になることは叶わないこととなった。
そして可能性のある残り2選手は、現在世界ランク2位のR・ナダル(スペイン)と同3位のS・チチパス(ギリシャ)。3選手のなかでは唯一チチパスが自身の成績でのみ1位になることができる。

ATPが示した各選手の年間最終世界ランク1位の条件は以下の通り。

1:アルカラスが年間最終世界ランク1位になるケース
以下の2と3のいずれにも該当しない場合。

2:チチパスが年間最終世界ランク1位になるケース
Nitto ATPファイナルズで予選ラウンドロビン3試合、準決勝、決勝の5試合にすべて勝利する場合。

3:ナダルが年間最終世界ランク1位になるケース
Nitto ATPファイナルズで優勝する場合。もしくは4勝1敗で準優勝しかつチチパスが5勝0敗で優勝しない場合。