会見に臨んだ土居美咲
画像提供:tennis365.net

女子テニスの国別対抗戦 ビリー・ジーン・キング・カップ by ゲインブリッジ(日本/東京、ハード)「日本vsウクライナ」は初日となる11日、第1試合のシングルスが行われ、世界ランク180位の土居美咲は同70位のM・コスチュク(ウクライナ)に6-7 (1-7), 4-6のストレートで敗れ、初戦は黒星スタートとなった。試合後の会見で土居は「本当に悔しいです」と語った。

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

>>【BJK杯】日本vsウクライナ 対戦表・結果<<

日本は中国、韓国、インド、インドネシア、ニュージーランドと共にアジア/オセアニア・グループ1部に所属。6カ国による総当たりのリーグ戦が4月に行われ、全勝の日本と4勝1敗の中国がプレーオフ進出を決めた。

プレーオフには16カ国が出場。シングルス4試合とダブルス1試合が行われ、3勝したチームが勝利。各対戦に勝利した8カ国が翌年のファイナル予選ラウンド出場権を獲得し、敗れた8カ国はグループ1部に回ることとなる。

6月にプレーオフの組み合わせ抽選が行われ、日本はウクライナとホームで対戦することが決定。日本は昨年4月に行われたプレーオフでもウクライナと対戦し、0勝3敗で敗れている。

約1年7カ月ぶりの再戦となった日本とウクライナ。前回はウクライナで対戦したが、今回は日本の有明コロシアムでの顔合わせとなる。

初戦となったこの試合、第1セットでは第6ゲームで先にブレークを許した土居。それでも直後の第7ゲームから3ゲームを連取し、第10ゲームでサービング・フォー・ザ・セットを迎える。しかし、ここでブレークを許しタイブレークに突入。序盤で6ポイントを連取され、先行を許す。

続く第2セット、互いにブレークポイントを握るも凌ぎ、サービスキープが続く。しかし、終盤となった第9ゲームでブレークを許し、1時間51分で力尽きた。

試合後の会見で土居は「ファーストもセカンドもすごくチャンスがあっただけに本当に悔しい敗戦です。チームに1勝目をと思って挑んでいたので自分としては悔しいです」と語った。

「内容自体は悪くない出来でした。しかし、大事なポイントで一歩前に出れなかったり、少しボールを落としてしまったことが多々ありました。試合を勝ち切るっていうところが今日は相手の方が上回っていたと思います。こういう選手に勝ち切るにそういうところが大事になってくるので本当に悔しいですね」

試合の日程・対戦カードは以下の通り。

・1日目
第1試合 土居美咲 6-7 (1-7), 4-6 コスチュク
第2試合 内島萌夏 vs. ザワツカ

・2日目
第1試合 内島 vs. コスチュク
第2試合 土居 vs. ザワツカ
第3試合 青山修子/ 柴原瑛菜 vs. コスチュク/ L・キチェノック(ウクライナ)

【日本代表メンバー】
土居美咲(ミキハウス)
内島萌夏(フリー)
柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)
石井さやか(HSS)
青山修子(近藤乳業)
監督:土橋登志久(日本テニス協会)

【ウクライナ代表メンバー】
コスチュク
ザワツカ
キチェノック
監督:ミハイル・フィリマ

[PR]フェデラーがスタジオ生出演!
「フェデラー生出演!WOWOWテニススペシャル ありがとう、ロジャー・フェデラー」
11/19(土)午後1時から 5時間生放送!

「Nitto ATPファイナルズ」
11/13(日)〜11/20(日)WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>