ブランドン・ナカシマ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの21歳以下最終戦インテーザ・サンパオロ Next Gen ATPファイナルズ(イタリア/ミラノ、室内ハード)は11日、シングルス準決勝が行われ、第4シードのB・ナカシマ(アメリカ)が第3シードのJ・ドレイパー(イギリス)を4-3 (8-6), 1-4, 4-2, 4-3 (7-5)で破り、大会初の決勝進出を果たした。

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

>>【BJK杯】日本vsウクライナ 対戦表・結果<<

21歳以下の最終戦は2017年から始まった大会で、これまでチョン・ヒョン(韓国)やS・チチパス(ギリシャ)、J・シナー(イタリア)らが優勝。昨年は現在世界ランク1位のC・アルカラス(スペイン)が制覇した。年間の大会獲得ポイント上位8選手が出場し、4名ずつが予選ラウンドロビンを戦い、上位2名ずつが準決勝に駒を進める。

各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出し優勝を争う。また、試合は4ゲームで1セットとなり、4セット先取のノーアドバンテージ(ゲームカウント3−3でタイブレーク)で競われる。

初出場となった昨年大会では4強入りを果たしたナカシマ。今大会、グリーングループを3戦全勝の1位通過で決勝トーナメント進出を決めた。一方、ドレイパーはレッドグループを2勝1敗で通過した。

この試合、ナカシマは第1セットをタイブレークの末に先取したものの、続く第2セットでは1度のブレークを許し、1セットオールとされる。

それでも第3セットでは安定したサービスゲームを展開すると、リターンゲームでは第6ゲームでブレークに成功し、セットカウント2−1と再びリードする。迎えた第4セット、互いに1度ずつブレークチャンスを掴むも活かせず、タイブレークに突入。ナカシマは2度のミニブレークを奪い、1時間39分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにナカシマのコメントを掲載し「試合全体を通して、お互いに非常に高いクオリティだった。すべてのポイントで競っていたので、最後に締められてよかったよ。今年は互いに素晴らしい年だったし、トッププレーヤー相手に素晴らしい勝ち方をしてきた。彼(ドレイパー)は素晴らしいレフティサーブを持っているので、タフな試合になることは分かっていた。いいプレーができてよかったよ」と語った。

「今は自分のゲームに自信を持っている。明日は味わったことのない試合になりそうだね。2、3日前の試合のことは忘れようと思っている。ジリ(レヘチカ)は今週ずっと素晴らしいプレーをしていたので、きっとタフな試合になると思うよ」

勝利したナカシマは決勝で第5シードのJ・レヘチカ(チェコ)と対戦する。レヘチカは準決勝で第7シードのD・ストリッカー(スイス)を4-1, 4-3 (6-4), 2-4, 4-1で下しての勝ち上がり。

【決勝トーナメントの結果】
(4)ナカシマ(グリーングループ1位) vs. (3)ドレイパー(レッドグループ2位)、4-3 (8-6), 1-4, 4-2, 4-3 (7-5)

(5)レヘチカ(グリーングループ2位) vs. (7)ストリッカー(レッドグループ1位)、 4-1, 4-3 (6-4), 2-4, 4-1

【決勝の対戦カード】
(4)ナカシマ vs (5)レヘチカ