完敗を喫した内島
画像提供:tennis365.net

女子テニスの国別対抗戦 ビリー・ジーン・キング・カップ by ゲインブリッジ(日本/東京、ハード)プレーオフ「日本vsウクライナ」は12日に大会2日目が行われ、シングルス第1試合に登場した世界ランク105位の内島萌夏は同70位のM・コスチュク(ウクライナ)に0-6, 3-6のストレートで敗れ、日本はウクライナに0勝3敗となりプレーオフ敗退が決まった。

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

>>【BJK杯】日本vsウクライナ 対戦表・結果<<

前日行われた大会1日目では土居美咲がコスチュクに、内島がK・ザワツカ(ウクライナ)にストレートで敗れ、0勝2敗として崖っぷちに追い込まれていた日本。2日目の12日に組まれたシングルス2試合とダブルス1試合のすべてに勝利することがファイナル予選ラウンド進出の絶対条件だった。

この試合、内島はコスチュクの強烈なフォアハンドに押されダウンザラインを決められるなど苦戦。サービスゲーム時ではリターンエースを放たれ6ゲームを連取され第1セットを落とす。

第2セットでは第1ゲームでバックハンドクロスのウィナーを決めるなどブレークポイントを握るもこれを決め切れず3ゲーム連取を許す。第4ゲームでは初めてキープしたものの、その後ブレークバックをすることができないまま力尽きた。

日本は昨年4月のプレーオフでもウクライナと対戦し敗北。地域グループ1部に回り、今年は中国、韓国、インド、インドネシア、ニュージーランドと共にアジア/オセアニア・グループ1部に所属。6カ国による総当たりのリーグ戦が4月に行われ、全勝の日本と4勝1敗の中国がプレーオフ進出を決めていたが、今回も再びウクライナに阻まれ敗退となった。

試合の日程・対戦カードは以下の通り。

・1日目
第1試合 土居美咲 6-7 (1-7), 4-6 コスチュク
第2試合 内島萌夏 6-7 (3-7), 2-6 ザワツカ

・2日目
※勝敗は決したが、ダブルスのみ開催予定。変更の可能性あり。
第1試合 内島 0-6, 3-6 コスチュク
第2試合 土居 vs. ザワツカ
第3試合 青山修子/ 柴原瑛菜 vs. コスチュク/ L・キチェノック(ウクライナ)

【日本代表メンバー】
土居美咲(ミキハウス)
内島萌夏(フリー)
柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)
石井さやか(HSS)
青山修子(近藤乳業)
監督:土橋登志久(日本テニス協会)

【ウクライナ代表メンバー】
コスチュク
ザワツカ
キチェノック
監督:ミハイル・フィリマ

[PR]フェデラーがスタジオ生出演!
「フェデラー生出演!WOWOWテニススペシャル ありがとう、ロジャー・フェデラー」
11/19(土)午後1時から 5時間生放送!

「Nitto ATPファイナルズ」
11/13(日)〜11/20(日)WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>