青山修子と柴原瑛菜
画像提供:tennis365.net

女子テニスの国別対抗戦 ビリー・ジーン・キング・カップ by ゲインブリッジ(日本/東京、ハード)プレーオフ「日本vsウクライナ」は12日に大会2日目が行われ、ダブルスには青山修子/ 柴原瑛菜組が登場。K・ザワツカ(ウクライナ)/ L・キチェノック(ウクライナ)組を6-3, 6-3のストレートで下した。

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

>>【BJK杯】日本vsウクライナ 対戦表・結果<<

前日行われた大会1日目では土居美咲がM・コスチュク(ウクライナ)に、内島がザワツカにストレートで敗れ、0勝2敗として崖っぷちに追い込まれていた日本。2日目の12日に組まれたシングルス2試合とダブルス1試合のすべてに勝利することがファイナル予選ラウンド進出の絶対条件だった。

しかし、第1試合で内島がコスチュクにストレート負け。その時点で日本のプレーオフ敗退が決定したため、レギュレーションに則りシングルス第2試合は行われずダブルスのみが行われることとなった。

この試合の第1セット、青山/柴原組は第6ゲームで先にブレークに成功。直後の第7ゲームでブレークバックを許すも、第8ゲームで2度目のブレークを奪い、先行する。

続く第2セットでは第1ゲームでブレークに成功した青山/柴原組。第7ゲームで2度目のブレークを奪い、第8ゲームでサービング・フォー・ザ・マッチを迎える。ここでブレークを許したものの、第9ゲームで3度目のブレークに成功し、白星を挙げた。

日本は昨年4月のプレーオフでもウクライナと対戦し敗北。地域グループ1部に回り、今年は中国、韓国、インド、インドネシア、ニュージーランドと共にアジア/オセアニア・グループ1部に所属。6カ国による総当たりのリーグ戦が4月に行われ、全勝の日本と4勝1敗の中国がプレーオフ進出を決めていたが、今回も再びウクライナに阻まれ敗退となった。

試合の日程・対戦カードは以下の通り。

・1日目
第1試合 土居美咲 6-7 (1-7), 4-6 コスチュク
第2試合 内島萌夏 6-7 (3-7), 2-6 ザワツカ

・2日目
第1試合 内島 0-6, 3-6 コスチュク
第2試合 土居 vs. ザワツカ ※勝敗が決したため第2試合は行われず。
第3試合 青山修子/ 柴原瑛菜 vs. ザワツカ/ キチェノック

【日本代表メンバー】
土居美咲(ミキハウス)
内島萌夏(フリー)
柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)
石井さやか(HSS)
青山修子(近藤乳業)
監督:土橋登志久(日本テニス協会)

【ウクライナ代表メンバー】
コスチュク
ザワツカ
キチェノック
監督:ミハイル・フィリマ

[PR]フェデラーがスタジオ生出演!
「フェデラー生出演!WOWOWテニススペシャル ありがとう、ロジャー・フェデラー」
11/19(土)午後1時から 5時間生放送!

「Nitto ATPファイナルズ」
11/13(日)〜11/20(日)WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>