優勝を果たしたナカシマ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの21歳以下最終戦インテーザ・サンパオロ Next Gen ATPファイナルズ(イタリア/ミラノ、室内ハード)は12日、シングルス決勝が行われ、第4シードのB・ナカシマ(アメリカ)が第5シードのJ・レヘチカ(チェコ)を4-3 (7-5), 4-3 (8-6), 4-2のストレートで破り、5戦5勝の無敗のまま優勝を飾った。

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

21歳以下の最終戦は2017年から始まった大会で、年間の大会獲得ポイント上位8選手が出場し、4名ずつが予選ラウンドロビンを戦い、上位2名ずつが準決勝に駒を進める。各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出し優勝を争う。また、試合は4ゲームで1セットとなり、4セット先取のノーアドバンテージ(ゲームカウント3−3でタイブレーク)で競われる。

ナカシマとレヘチカは予選ラウンドロビンでも顔を合わせており、約1週間で2度目の対戦となった。前回はナカシマがストレートで勝利している。

決勝戦、ナカシマは11本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに85パーセントの高い確率でポイントを獲得。1度ブレークを許したものの、自身は2度のブレークに成功し、1時間19分で勝利した。

ナカシマはチョン・ヒョン(韓国)、S・チチパス(ギリシャ)、J・シナー(イタリア)、C・アルカラス(スペイン)に続き5人目のチャンピオンとなった。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはナカシマのコメントが掲載されている。

「今はとても幸せだよ。この1週間は、とても素晴らしい大会だった。この決勝戦もタフな試合だった。今日の自分のレベルには満足している。今年を締めくくるには良い結果だったと思うよ」

21歳のナカシマは昨年8月にトップ100デビューを果たすと、そこから1度も100位以下に下がることなく上昇を続け、現在は49位を記録している。

[PR]フェデラーがスタジオ生出演!
「フェデラー生出演!WOWOWテニススペシャル ありがとう、ロジャー・フェデラー」
11/19(土)午後1時から 5時間生放送!

「Nitto ATPファイナルズ」
11/13(日)〜11/20(日)WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>