キャスパー・ルード
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのツアー最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は大会初日の13日に予選ラウンロビンが始まり、シングルスのオープニングマッチで第3シードのC・ルード(ノルウェー)が第5シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)に7-6(7-4), 6-4のストレート勝ちをおさめた。

>>ナダルvsフリッツ 1ポイント速報<<

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

Nitto ATPファイナルズは年間の獲得ポイント上位8名のみが出場できる大会。昨年は第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第2シードのD・メドベージェフを6-4, 6-4のストレートで破り、2018年以来3年ぶり2度目の優勝を飾った。

今大会は4名ずつに分かれて行われる予選ラウンドロビン(総当たり戦)で上位2名ずつが準決勝に進出。勝ち上がった4名によるトーナメント戦でタイトルが争われる。

最終戦ランキング4位のルードは今季クレーシーズンにツアー3勝をあげ、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)と全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で準優勝を飾った。しかし全米オープン以降はツアー大会でマッチ3勝4敗と、大会序盤での敗退が続いた中で今大会を迎えた。

一方のオジェ アリアシムは今季、2月のABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)で念願のキャリア初優勝。ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で初戦敗退、全米オープンで2回戦敗退を喫するも、シーズン終盤の10月にインドアハードコートで破竹の3大会連続優勝を飾る。今月のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)では自身初のベスト4に進出し、最終戦ランキング6位で今大会初出場を果たした。

ルードとオジェ アリアシムは4度目の顔合わせで、これまでルードの2勝1敗。

この試合、第1セットは両者互いにブレークポイントを与えずにサービスキープを続けてタイブレークに突入する。タイブレークに入ると6ポイント目でオジェ アリアシムのダブルフォルトでルードが先行する。オジェ アリアシムは8ポイント目でミニブレークを取り返すも、ポイント4-5から2ポイント連続でストロークのミスを犯し、ルードが第1セットを先取する。

第2セットも互いにサービスキープを続けるなか、第7ゲームでルードがこの試合両者を通じて初のブレークポイントを掴むと、オジェ アリアシムの痛恨のダブルフォルトでルードが1ブレークアップとする。ルードはサービングフォーザマッチの第10ゲームをキープして、大会初戦を白星で飾った。

予選ラウンドロビンの組み合わせ、勝敗結果は以下の通り。

【グリーングループ】
R・ナダル(スペイン)
C・ルード 1勝0敗
F・オジェ アリアシム 0勝1敗
T・フリッツ(アメリカ)

【レッドグループ】
S・チチパス(ギリシャ)
D・メドベージェフ
A・ルブレフ
N・ジョコビッチ(セルビア)

同日には第1シードのナダルと第8シードのフリッツの一戦が、日本時間14日5時(現地13日21時)以降に開始する。

[PR]フェデラーがスタジオ生出演!
「フェデラー生出演!WOWOWテニススペシャル ありがとう、ロジャー・フェデラー」
11/19(土)午後1時から 5時間生放送!

「Nitto ATPファイナルズ」
11/13(日)〜11/20(日)WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>