タナシ・コキナキス、ニック・キリオス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのツアー最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は大会2日目の14日にダブルスの予選ラウンドロビン・グリーングループの初戦が行われ、第8シードのN・キリオス(オーストラリア)/ T・コキナキス(オーストラリア)組は第1シードのW・クールホフ(オランダ)/ K・スクプスキ(英国)組に7-6(7-3), 4-6, [5-10]の逆転負けを喫した。

>>メドベージェフvs.ルブレフ 1ポイント速報<<

>>チチパスvs.ジョコビッチ 1ポイント速報<<

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

Nitto ATPファイナルズは年間の獲得ポイント上位8ペアのみが出場できる大会。昨年はPH・エルベール(フランス)/ N・マウー(フランス)組が決勝でR・ラム(アメリカ)/ J・ソールズベリー(イギリス)組を6-4, 7-6 (7-0)のストレートで下し、ペアとして2019年以来2年ぶり2度目の優勝を飾っている。

キリオス/ コキナキス組は今年、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)と8月のアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)で優勝を飾り、今大会に初出場。

一方、ダブルス世界ランク1位のクールホフ/ スクプスキ組は今季ツアー7度の優勝を飾っている。

この試合、第1セットは両ペアともサービスゲームをキープしてタイブレークに突入すると、キリオス/ コキナキス組が2度のミニブレークに成功して45分で先取する。キリオス/ コキナキス組はこのセット、15本のサービスエースを決めた。

第2セットも拮抗した展開が続くなか、第7ゲームでクールホフ/ スクプスキ組が初のブレークに成功して1セットオールとする。

迎えた10ポイント制のマッチタイブレーク、4ポイントを連取したクールホフ/ スクプスキ組がリードを守って勝利を掴んだ。

今大会は4組ずつに分かれて行われる予選ラウンドロビン(総当たり戦)で上位2組ずつが準決勝に進出。勝ち上がった4組によるトーナメント戦でタイトルが争われる。ダブルスの予選ラウンドロビン組み合わせ、勝敗結果は以下の通り。

【グリーングループ】
(1)W・クールホフ/ K・スクプスキ 1勝0敗
(4)N・メクティッチ(クロアチア)/ M・パビッチ(クロアチア)
(5)I・ドディグ(クロアチア)/ A・クライチェック(アメリカ)
(8)N・キリオス/ T・コキナキス 0勝1敗

【レッドグループ】
(2)R・ラム/ J・ソールズベリー 1勝0敗
(3)M・アレバロ(エルサルバドル)/ JJ・ロジェール(アンティル) 0勝1敗
(6)L・グラスプール(イギリス)/ H・ヘリオバーラ(フィンランド)1勝0敗
(7)M・グラノジェルス(スペイン)/ H・セバリョス(アルゼンチン) 0勝1敗

[PR]フェデラーがスタジオ生出演!
「フェデラー生出演!WOWOWテニススペシャル ありがとう、ロジャー・フェデラー」
11/19(土)午後1時から 5時間生放送!

「Nitto ATPファイナルズ」
11/13(日)〜11/20(日)WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>