オジェ アリアシムがナダルに初勝利
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのツアー最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は大会3日目の15日にシングルスの予選ラウンドロビン・グリーングループ第2戦が行われ、第5シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)が第1シードのR・ナダル(スペイン)を6-3, 6-4で破り、大会初勝利を挙げた。オジェ アリアシムは試合後に「僕が世界のベストプレーヤーを倒せることを証明した」と語った。

>>ルードvs.フリッツ 1ポイント速報<<

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

Nitto ATPファイナルズは年間の獲得ポイント上位8名のみが出場できる大会。昨年は第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第2シードのメドベージェフを6-4, 6-4のストレートで破り、2018年以来3年ぶり2度目の優勝を飾った。

今大会は4名ずつに分かれて行われる予選ラウンドロビン(総当たり戦)で上位2名ずつが準決勝に進出。勝ち上がった4名によるトーナメント戦でタイトルが争われる。

ナダルは同大会に2年ぶり11度目の出場で、2010年と2013年の準優勝がこれまでの最高成績。一方、10月にツアー3週連続優勝を飾ったオジェ アリアシムは初出場。

大会初日の13日に行われた第1戦では、ナダルは第8シードのT・フリッツ(アメリカ)に6-7(3-7), 1-6で、オジェ アリアシムは第3シードのC・ルード(ノルウェー)に6-7(4-7), 4-6でそれぞれストレート負けを喫している。

ナダルとオジェ アリアシムは3度目の対戦で、これまでナダルが2戦2勝。直近では5月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)4回戦で対戦し、ナダルが3-6, 6-3, 6-2, 3-6, 6-3のフルセットで勝利をしている。

予選突破に向けて負けられない両者の試合、第1ゲームでいきなりナダルがブレークチャンスを掴むもオジェ アリアシムが凌ぐ。第7ゲームでもナダルが15-40とブレークポイントを握るもオジェ アリアシムが再び切り抜ける。

直後の第8ゲーム、ナダルが40-0から2本連続でダブルフォルトを犯してリズムを崩すと、オジェ アリアシムが今大会初めてブレークに成功する。オジェ アリアシムはゲームカウント5-3で迎えたサービングフォーザセットを決めて第1セットを先取する。

第2セット、オジェ アリアシムは第3ゲームで再びブレークに成功。ナダルの追撃を制して、ストレート勝ちで大会初勝利を決めた。

試合後のオジェ アリアシムのコメントが男子プロテニス協会のATP公式サイトに掲載され、「ここで1回試合をしたことで、センターコートのコンディションに慣れたと思う」と語った。

「それがとても助かった。今日は自分のプレーが良くなったと感じているよ」

「サーブは素晴らしく、リターンとバックハンドも良かった。自分の方が安定したクオリティでプレーができたね。このようなプレーをしているとき、僕が世界のベストプレーヤーを倒せることを証明したんだ」

「これで1勝1敗だ。2勝できればうまくいけば通過できるので、どうなるかな。今夜彼ら(ルードとフリッツ)が対戦するので、2日後のテイラー戦に備えるよ。簡単にはいかないだろう。彼は今年本当に良いプレーをしているし、このコンディションは彼にとっては完璧なものだ」

「(コーチを務める)トニ(ナダル)の経験をこういう時に生かしたい。彼は僕にとって大きな助けになっている。僕は彼と彼の家族を心から尊敬しているよ。ここでトニと一緒にラファとプレーをするのは特別なことだけど、同時に僕らはライバルでもあり、ベストを尽くしている」

日本時間16日午前5時(現地15日21時)以降よりグリーングループのもう一方の試合、第3シードのルードと第8シードのフリッツが対戦する。

予選ラウンドロビンの組み合わせ、勝敗結果は以下の通り。

【グリーングループ】
R・ナダル 0勝2敗
C・ルード 1勝0敗
F・オジェ アリアシム 1勝1敗
T・フリッツ 1勝0敗

【レッドグループ】
S・チチパス(ギリシャ) 0勝1敗
D・メドベージェフ 0勝1敗
A・ルブレフ 1勝0敗
N・ジョコビッチ(セルビア) 1勝0敗

[PR]フェデラーがスタジオ生出演!
「フェデラー生出演!WOWOWテニススペシャル ありがとう、ロジャー・フェデラー」
11/19(土)午後1時から 5時間生放送!

「Nitto ATPファイナルズ」
11/13(日)〜11/20(日)WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>