会見に臨んだロジャー・フェデラー
画像提供:tennis365.net

ユニクロのブランドアンバサダーを務める元世界ランク1位で今年9月に現役を引退したR・フェデラー(スイス)は19日、イベント「UNIQLO LifeWear Day Tokyo 2022 with Roger Federer」に錦織圭とともに登場。イベント後の会見で「今日のハイライトはUNIQLO LifeWear Dayを通じた『絆』だと思います」とコメントした。

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

有明コロシアムで行われる本イベントにはフェデラーと錦織に加えて車いすテニスの国枝慎吾とG・リード(英国)が参加。イベントでは3年ぶりに来日するフェデラーのこれまでの活躍を振り返り、そのメッセージを次世代に継承するため、トークセッションのほか、小学1年生から4年生を対象にしたジュニアテニスセッション、フェデラーと錦織、国枝、リード、そして負傷によりプレーを断念した錦織の助っ人として登場した奈良くるみによるスペシャルテニスセッションが行われた。

41歳のフェデラーはひざの負傷の影響もあり昨年6月のウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を最後にツアーを離脱し、今年9月に現役を退く意向を示した。

その後9月23日から25日にかけて開催されたレーバーカップ(イギリス/ロンドン、室内ハード)を最後の舞台に選択。初日に組まれたダブルスでR・ナダル(スペイン)とダブルスに出場し、J・ソック(アメリカ)/ F・ティアフォー(アメリカ)組に惜しくも敗れたものの華麗なテニスを披露し、現役生活の幕を閉じた。

フェデラーはイベント終了後の会見で「今日のハイライトはUNIQLO LifeWearを通じた『絆』だと思います」と語った。

「日本に戻ってこられて今日はなかなか会えない圭にも会えましたし、ユニクロ本社に行くこともできました。ゴードン、慎吾にも会うことができました。なかなか会えない人たちに会うことができて嬉しく思います。たくさんの観客がいるテニスコートに立つことができて、今日はなかなかない経験をすることができました」

【開催概要】
■日時:11月19日(土)13:00〜16:30終了予定(開場は10:00予定)
■場所:有明コロシアム(東京都江東区有明2丁目2-22)
■参加者:フェデラー、錦織、国枝、リード
■主なプログラム:
・オープニング
・グローバルブランドアンバサダートークセッション
(フェデラー、錦織、国枝、リードが登壇)
・ジュニアテニスセッション
・フェデラー選手 セレモニー
・スペシャルテニスセッション (フェデラー、錦織、国枝、リードが参加)
・フィナーレ