内島萌夏
画像提供:安藤証券オープン東京2022、撮影:JET田中

女子テニスの下部ツアーITF W60安藤証券オープン(日本/ 東京、ハード、ITF)は18日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードの内島萌夏が第4シードのハン・ナーレ(韓国)を6-4, 7-5のストレートで破り、決勝進出を果たした。

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

現在、大坂なおみに次いで日本人で2番目となる世界ランク106位の内島。

今大会1回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク854位の澤柳璃子を6-3, 6-3、2回戦で同548位の佐藤南帆を6-1, 6-0、準々決勝で同406位の小堀桃子を6-1, 6-4と全てストレートで下して準決勝に進出した。

この試合の第1セット、ブレークを奪い合う展開となるも内島が終盤で2ゲームを連取し先行する。続く第2セットでは第8ゲーム終了時点で3-5とリードされた内島だったが、直後の第9ゲームから4ゲーム連取に成功し、前週に行われたW25横浜慶應チャレンジャー(日本/横浜、ハード、ITF)を制したハン・ナーレに1時間35分で勝利した。

勝利した内島は決勝で第1シードのワン・シンユ(中国)と対戦する。ワンは準々決勝で世界ランク340位のK・ザワツカ(ウクライナ)が6-3, 3-1の時点で棄権を表明したため勝ち上がりを決めた。

内島は今季、2月のW25 ポルト(ポルトガル/ポルト、ハード、ITF)、3月のW60 キャンベラ(オーストラリア/キャンベラ、クレー、ITF)、7月のW60 ヌルスルタン(カザフスタン/ヌルスルタン、ハード、ITF)で優勝しており、4個目のタイトル獲得がかかる。

シングルス準決勝の結果は以下の通り。(ドロー順)

(1)ワン vs. ザワツカ, 6-3, 3-1(途中棄権)
(2)内島萌夏 vs. (4)ハン・ナーレ, 6-4, 7-5