決勝へ駒を進めたルード
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのツアー最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は19日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのC・ルード(ノルウェー)が第6シードのA・ルブレフを6-2,6-4のストレートで破り、初の大会優勝に王手をかけた。

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

Nitto ATPファイナルズは年間の獲得ポイント上位8名のみが出場できる大会。昨年は第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第2シードのD・メドベージェフを6-4, 6-4のストレートで破り、2018年以来3年ぶり2度目の優勝を飾った。

13日から18日にかけて行われた予選ラウンドロビンの結果、グリーングループは1位がルード、2位がT・フリッツ(アメリカ)、レッドグループは1位がN・ジョコビッチ(セルビア)、2位がA・ルブレフとなり、この4名が決勝進出をかけて19日の準決勝に臨むこととなった。

ルードとルブレフの準決勝に先駆けて行われた準決勝のもう1試合ではジョコビッチがフリッツをストレートで撃破し、史上最多タイ6度目のATPファイナルズ優勝まであと1勝に迫っている。

この試合、ルードは第5ゲームでブレークに成功すると角度のつけたストロークを展開し、ルブレフに良い体勢でショットを打たせることなく第7ゲームでもブレーク。アンフォースドエラーを2本に抑え、5ゲームを連取し32分で先行した。

第2セットでも主導権を握り続けたルードは第1・第3ゲームでブレークを奪い4ゲームを連取して圧倒。第1セットから9ゲームを続けて取り、勝負を決定づけた。最後まで集中力を維持したルードは、試合を通してファーストサービスが入ったときに77パーセントの高い確率でポイントを獲得。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第8ゲームでこの日初めてブレークを許したもののリードを守り切り、1時間8分で勝利した。