(左から)フリッツとジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのツアー最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は19日、シングルス準決勝が行われ、第8シードのT・フリッツ(アメリカ)は第7シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に6-7 (5-7), 6-7 (6-8)のストレートで敗れ、大会初の決勝進出とはならなかった。

>>ルードvsジョコビッチ ATPファイナルズ決勝1ポイント速報<<

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

Nitto ATPファイナルズは年間の獲得ポイント上位8名のみが出場できる大会。昨年は第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第2シードのD・メドベージェフを6-4, 6-4のストレートで破り、2018年以来3年ぶり2度目の優勝を飾った。

13日から18日にかけて行われた予選ラウンドロビンの結果、グリーングループは1位がC・ルード(ノルウェー)、2位がフリッツ、レッドグループは1位がジョコビッチ、2位がA・ルブレフとなり、この4名が決勝進出をかけて19日の準決勝に臨むこととなった。

準決勝、フリッツは第5ゲームで1ポイントもキープできずにブレークを許すも、直後の第6ゲームでブレークバックに成功。タイブレークに突入するも、最後は3ポイントを連取され第1セットを落とした。

第2セットでは第1ゲームで先にブレークしこの試合初めてリードを奪ったフリッツ。しかし、サービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームでブレークバックされ再びタイブレークへ。1度目のマッチポイントを防いだフリッツだが、2度目のマッチポイントをジョコビッチに決められ力尽きた。試合時間は1時間54分。

25歳のフリッツはNitto ATPファイナルズ初出場で4強入りとなったものの、過去5度の優勝を誇るジョコビッチを下しての決勝進出とはならなかった。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはフリッツのコメントが掲載されている。

「今季はトップ10にも入ることができ、ここにいるべき人間であると証明できたと思う。自分の居場所があるように感じているよ。幸いなことに、今年はポジティブなことがたくさんあったんだ。クレーコートのシーズンをほとんど休んでしまって、ハードコートのシーズンには何のトレーニングもできていなかった。ハードコートのシーズンが始まるとトレーニングもままならず、けがもあったけど、それでも本当に充実した1年だった。今はコートに戻り、さらに向上していくことに興奮している。来年は、もっともっと自分のポジションを固めたいと思うよ」

「2週間後に振り返ったら『本当に素晴らしい1週間だった』と言えるだろう。ここでプレーするチャンスを得ただけでなく、グループリーグを勝ち抜くことができたんだ。僕は自分のテニスについて、そして今シーズンの自分のテニスについて、このパフォーマンスからもっと良く感じることができるだろうね。だから、とてもうれしいよ」

勝利した35歳のジョコビッチは、R・フェデラー(スイス)の持つATPファイナルズ最多6度の優勝記録に並ぶ権利を得て決勝に進出。決勝では第3シードのルードと対戦する。ルードは準決勝で第6シードのルブレフをストレートで下しての勝ち上がり。