安藤証券 安藤敏行社長、奈良くるみ、森田あゆみ
画像提供:tennis365.net

女子テニスの下部ツアーITF W60安藤証券オープン(日本/ 東京、ハード、ITF)は大会最終日の20日、9月の東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、WTA500)を最後に現役を引退した奈良くるみ(安藤証券)の引退セレモニーを開催した。

>>ルードvsジョコビッチ ATPファイナルズ決勝1ポイント速報<<

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

奈良はプロ転向後、17歳で全日本テニス選手権で優勝。2010年には初めてグランドスラムに出場した。グランドスラムでの最高戦績は3回戦進出で2014年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、2013年・2017年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で記録している。

2014年のリオ・オープン女子(ブラジル/リオデジャネイロ、クレー、WTA250)でツアー初優勝を飾り、キャリアハイは世界ランク32位を記録した。今年はITF大会を中心にプレーし、6月のW25チャンウォン(韓国/チャンウォン、ハード、ITF)でタイトルを獲得。

9月7日に東レ パン パシフィック オープンテニスを最後に現役を引退することを発表した。

最後の大会となった東レPPOには予選から第7シードとして出場。1回戦でN・メリチャー(アメリカ)をストレートで下し本戦出場に王手をかけていたが、予選決勝で第5シードのI・シニコバ(ブルガリア)に6-0,5-7,0-6の逆転で敗れ、本戦出場を逃した。

ダブルスでは土居美咲とのペアで出場。1回戦でS・ケニン(アメリカ)/ L・サムソノヴァ組に2-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦敗退。この試合が現役最後の試合となった。

20日、安藤証券オープンの全試合が終了後、奈良と元世界ランク40位の森田あゆみによるエキシビジョンマッチ、そして奈良の引退セレモニーが行われた。


奈良くるみ[画像:tennis365.net]

奈良は「今年引退をしてから何度も(さまざまな場で)お祝いをしていただき、嬉しく思います」とコメント。

「(所属先の安藤証券には)一緒にチームとして戦っていただき感謝していますし、安藤証券でプレー出来たからこそ、今の私がいます」

「あらためて(自分は)幸せな選手だったなと思います。ありがとうございました」


奈良くるみ[画像:tennis365.net]


森田あゆみ[画像:tennis365.net]