優勝を果たしたジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのツアー最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は20日、シングルス決勝が行われ、第7シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第3シードのC・ルード(ノルウェー)を7-5, 6-3のストレートで破り、R・フェデラー(スイス)に並ぶ史上最多タイの6度目の優勝を飾った。試合後の会見では「常に自分が世界最高のプレーヤーだと考えている」と語り、タイトルを獲得し続けるモチベーション維持の要因を明かした。

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

Nitto ATPファイナルズは年間の獲得ポイント上位8名のみが出場できる大会。ジョコビッチは過去2008年と2012年から2015年にかけての計5度優勝している。

予選ラウンドロビンではS・チチパス(ギリシャ)、A・ルブレフ、D・メドベージェフに勝利。19日に行われた準決勝ではT・フリッツ(アメリカ)をストレートで下し4戦全勝で決勝に駒を進めていた35歳のジョコビッチは、過去3度対戦し、未だ1セットも落としていない3連勝中のルードと顔を合わせることとなった。

決勝戦、積極的にネットプレーを試みるジョコビッチは3度ブレークチャンスがあったものの互いにサービスゲームをキープして終盤へ。それでも6−5で迎えた第12ゲーム、タイブレークに突入するかと思われたが、ジョコビッチがこの日4度目のブレークポイントとなるセットポイントを決め52分で先行する。

第2セット、徐々に押し込む展開が増えたジョコビッチは第4ゲームでルードを左右に振り回し体勢を崩しブレークに成功。接戦となった第1・第2セットだが、結果的に1度もブレークチャンスを与えることなく、最後はサービスエースで締めて1時間34分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには大会最年長優勝となったジョコビッチのコメントが掲載された。

「未来がどうなるかなんてわからないけど、僕の心の中にあるのはトロフィーを獲得したいという強い気持ちなんだ。このスポーツの歴史を作り、世界のトップレベルで戦い、スポーツファンやテニスファンに感動を与えること。それが、僕の原動力なんだ」

「僕にはさまざまなモチベーションの要因があるが、今のところどのようなモチベーションも欠けてはいない。もちろん、誰にでも悪い日や悪い週はある。でも、気持ちはまだそこにあるんだ。常に自分が世界最高のプレーヤーだと考えている。そういうメンタリティーを持っているんだ。ネットの向こう側が誰であろうと、サーフェスがどうであろうと、今が何シーズン目であろうと、プロとして何シーズン目であろうと、常に同じように戦っている。いつも同じ。野望は、可能な限り高く持っているよ」

「決勝を見てくれた子どもたち、そして妻に感謝している。普段のツアーではこのような時間を過ごすことはあまりないから、できる限り楽しんでいるんだ。特に息子はテニスのトレーニングやウォームアップ、試合にたくさん連れて行った。決勝ではとても大きな声を出していたね。とても驚いたよ。彼の声がずっと聞こえていた。とても夢中になっていたんじゃないかな。彼らの存在はツアーでの生活を楽にしてくれる。このような大きな大会では、プレッシャーや期待、緊張感があるが、彼らがいるとそれが少し和らぎ、家族と充実した時間を過ごすことができるんだ。そうすることで心が落ち着き、次の日に最高のテニスができるようになる。その瞬間をとても大切にしたいね」

ジョコビッチは今季マッチ42勝7敗でシーズンを終了。ウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を含むツアー4勝をあげた(ATPファイナルズを含めると5勝)。