(左から)ソールズベリーとラム
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのツアー最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は20日、ダブルス決勝が行われ、第2シードのR・ラム(アメリカ)/ J・ソールズベリー(イギリス)組が第4シードのN・メクティッチ(クロアチア)/ M・パビッチ(クロアチア)組を7-6 (7-4), 6-4のストレートで破り、大会初優勝を飾った。

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

予選ラウンドロビンではM・グラノジェルス(スペイン)/ H・セバリョス(アルゼンチン)組、L・グラスプール(イギリス)/ H・ヘリオヴァーラ(フィンランド)組、M・アレバロ(エルサルバドル)/ JJ・ロジェール(アンティル)組に勝利。19日に行われた準決勝ではW・クールホフ(オランダ)/ N・スクプスキ(イギリス)組をストレートで下し4戦全勝で決勝に駒を進めていた。

第1セットは、両者互いにサービスキープが続き、タイブレークに突入。ラム/ ソールズベリー組は2度のミニブレークに成功し、47分で先行する。

続く第2セット、ファーストサービスが入った時に79パーセントの確率でポイントを獲得。リターンゲームでは1度のブレークに成功し、1時間40分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはソールズベリーのコメントが掲載された。

「僕たちの最高の試合のひとつだし、チームとしても最高の試合のひとつに挙げられるだろう。今週やってきたことすべてを誇りに思う。タフな状況を乗り越えて、ずっと一緒にやってきた。とても幸せで、僕たちがこれを達成したなんて信じられない」

またラムは「なんて言えばいいのかわからない。今日はパートナーがこの世のものとは思えないようなプレーをした。だからこそ彼は最高の選手の一人なんだ。彼は、大事な瞬間のためにベストを尽くすんだ。僕は、僕たちのチームをとても誇りに思っているよ」