綿貫陽介
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの11月21日付ATP世界ランキングが更新され、綿貫陽介は前回の196位から173位に大きくランクアップし、2019年3月に記録したキャリアハイの171位にあと1歩と迫った。

綿貫は前週に行われた兵庫ノア・チャレンジャー2022(日本/兵庫、室内ハード、ATPチャレンジャー)の決勝で世界ランク291位のF・フェレイラ・シルバ(ポルトガル)を6-7(3-7), 7-5, 6-4の逆転フルセットで破り、3年ぶり2度目の同大会制覇とともにチャレンジャー大会で2勝目を飾った。

また、西岡良仁は36位、ダニエル太郎は94位と前週から変動はなし。

11月21日付、男子ATP世界ランキングの日本人上位10選手は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■36位[ - ]…西岡良仁
1,134ポイント(1,134ポイント)

■94位[ - ]…ダニエル太郎
594ポイント(594ポイント)

■165位[ ↓4 ]…内田海智
347ポイント(354ポイント)

■173位[ ↑23 ]…綿貫陽介
330ポイント(279ポイント)

■208位[ ↓3 ]…野口莉央
265ポイント(266ポイント)

■273位[ ↓7 ]…守屋宏紀
198ポイント(198ポイント)

■284位[ - ]…島袋将
183ポイント (179ポイント)

■316位[ ↑2 ]…内山靖崇
158ポイント(158ポイント)

■324位[ ↓10 ]…望月慎太郎
154ポイント(161ポイント)

■402位[ ↓1 ]…清水悠太
114ポイント(115ポイント)